記事

レッツ・スタート・リニア新幹線

新しい年を迎え、日本経済もアベノミクスを主軸として、そのパート2へと移行させる年にもなりました。その中で、日本経済の成長戦略の目玉として位置付けられるべきものの最右翼が、リニア新幹の全線早期整備です。

 昨年六月、経済財政運営と改革の骨太方針に於いて、リニア新幹線の早期整備というのが謳われた。これは、整備新幹線の早期完成と並んで、決定された政府の大方針である。従って、これに沿って関係各省は、この実現に向けての即応体制を取るべきである。

 現在、平成26年度の補正予算を組んでいる最中であるが、これに是非、リニア新幹線 東京~大阪間同時実現の為の、財源構築策の策定調査費を要求したいと私は考えております。

 リニア中央新幹線事業主体となっている、JR東海が過大な財政負担を感じることなく、東京大阪間同時開業に早期に漕ぎ付けるためには、どういう財源体制が必要であるか、ということを、専門家のコンサルタント等に委託して調査させる必要があります。それを目的とした数千万から一億の調査費を用意すべきだ と強く提案いたします。

 ところで、なぜ、私がリニア新幹線の全線早期開業を主張しているかと申しますと、その理由は二つあります。

まず一つには、リニア新幹線をして、アベノミクスの第三の矢実現のための原動力としたいと考えているからです。アベノミクスは、大幅な金融緩和という第一の矢、そして財政出動という第二の矢で、成功を納めつつありますが、決めては第三の矢である成長戦略の成功にあります。しかしながら、現在の所、成長戦略のコアと成りうる事業が見当たりません。

 現在の経済状況は、大幅な金融緩和により円安を招来させ、トヨタのような対外的な事業をされている企業は大きな利益を上げています。しかし、国内を主な市場としている業種の方々は、その恩恵を受けておられません。

 これを解決するには、内需拡大しかありません。

リニア新幹線は、東京~大阪間の総工費9兆6千億円の事業であり、その財源は民間資本に因るもので、財政負担を生じない事業でもあるのです。しかも、この事業は十数年に渡り継続される事業でもあるのです。以上のことから、このリニア新幹線事業がアベノミクス成功の為の究極の選択であると考えます。

 景気対策には、二つの梃子が必要です。雇用の確保、物価安定を主目的とする金融政策と、国内の需要を、公共事業や税制面でコントロールする財政政策の二つです。。

 その好例が、1929年。世界恐慌からの脱却を目指したアメリカのルーズベルト大統領が行ったニューディール政策でした。その柱の一つとなったフーバーダム建造を始めとするTVA計画は、戦後の資本主義国の基本指針ともなっております。TVAにより、4割にも上った失業者に職を与え、ダムの電力供給により、強い経済基盤を構築したのです。

 リニア新幹線事業が、現在の日本のTVAとなるでしょう。

 もう一つの理由は、リニア中央新幹線の健全経営には、東京~大阪間同時開通が必須であるからです。なぜならば、東京~名古屋間は飛行機が運行されていませんが、東京~大阪間は、飛行機が運営されています。従って、東京~名古屋間のリニア利用者の増加は見込めませんが、東京~大阪間ですと飛行機の利用客をリニアの方へと取り込むことが可能です。すなわち、東京~大阪間でなければ、リニア導入による大幅な利益増は見込めないのです。

 また、リニア新幹線導入により、伊丹・羽田両空港の発着枠の空きを増やす結果ともなるのです。これにより、伊丹・羽田空港と地方空港を結ぶ路線の増加が可能となり、地方と中央の便が向上するだけでなく、海外からの観光客を魅力的な地方へ大量に送り込むことが可能となり、インバウンド(海外旅行客の国内誘致)による地方活性化の道も開けるのです。

 さらには、国内で、時速500キロで運行されるリニア事業が成功すれば、アメリカの東海岸を始めとする、世界中の巨大都市間のコミューターとして、リニア新幹線が採用される可能性が極めて高いと言えます。即ち、リニアの輸出により外貨を稼ぐことも可能となるのです。

 リニア中央新幹線の東京~大阪間の同時開通は、単に東海地方のためだけでなく、日本全体の国家プロジェクトとして位置づけられるべきです。

 私はこの夢のプロジェクトに挑戦し、必ずや実現させなければならないと考えております。

 その第一歩として、まずは26年度補正予算にて、リニア中央新幹線東京~大阪間の同時開通に向けての財源構築策の策定調査費の獲得を目指して参る所存です。

 Let's start linear motor train!! これが2016年 私の初夢です。

あわせて読みたい

「リニア新幹線」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  4. 4

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  10. 10

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。