記事

「ウィキリーク」が暴露した米国公電から、米韓両国が「北朝鮮崩壊」を画策していることが鮮明に

◆民間告発サイト「ウィキリーク」が暴露した米国の公電によって、米韓両国が「北朝鮮崩壊」を画策していることが、鮮明になっている。朝日新聞は11月30日付け夕刊1面で「暴露された北朝鮮関連の米外交文書の骨子」を、こうまとめている。

 ・中国指導部内で韓国主導の朝鮮統一がされるべきだとの考え浮上

 ・金正日総書記の死後、北朝鮮は「2、3年で体制崩壊」 

 ・中国の北朝鮮への影響力は「信じられているよりずっと弱い」

 ・中国は難民30万人の流入に対処可能。軍事的な国境封鎖も検討。

 「韓国主導の朝鮮統一」「体制崩壊」「軍事的な国境封鎖」というキーフワードから、米韓共同作戦により、北朝鮮を体制崩壊させ、その過程で、難民が発生、これに対して、中国が中朝国境線を突破して北朝鮮領内になだれ込み、難民に銃口を向けて阻止、一斉射撃により、大量虐殺することも排除していないというイメージである。順序は、「体制崩壊」「軍事的な国境封鎖」から「韓国主導の朝鮮統一」ということになる。

◆黄海における米韓合同演習(11月28日から12月1日)は、終了した。これは、北朝鮮を「体制崩壊」させるための第一段階にすぎない。だから、その後、どういう作戦を展開するのかと思っていたところ、読売新聞が12月1日、ソウルの仲川高志特派員の記事として】以下のように報道した。

 「韓国軍合同参謀本部は1日、北朝鮮による韓国・延坪島砲撃を受けて黄海上で行われている米韓合同軍事演習が同日午後終了するのを前に、年内にも再び合同演習を行う方向で米国と協議中であると明らかにした。北朝鮮の追加的挑発を抑止する目的だが、具体的な時期や場所は未定だという。一方、韓国軍が6日から12日まで、延坪島を除く全国29か所の島や沿岸部で砲撃訓練を行うことも1日分かった。韓国軍関係者は、今後、延坪島での訓練実施もあり得るとしている」

◆問題は、米韓両軍の共同演習の先にある「北朝鮮崩壊」のプロセスである。どのようにして、崩壊させるのか。

 北朝鮮から韓国への反撃による被害を最小限に食い止めるには、間髪入れずに、猛攻撃して、アッという間に体制崩壊させるしかない。米韓共同演習は、そのための予行演習と言える。

◆ちなみに、黄海は日本にとって、因縁深い海である。大日本帝国海軍連合艦隊は1894年(明治27年)9月17日、清国北洋艦隊と黄海で戦った。黄海海戦である。江海戦とも呼ばれ、日本が初めて近代的な装甲艦を実戦に投入した戦いとしても知られる。この結果、清国海軍は大損害を受けて制海権を失い、無力化された。北洋艦隊司令官・丁汝昌提督(1836年11月18日〜1895年2月12日)は、太平天国の乱に反乱側として参加した後、清朝に帰順して首相・李鴻章の下で働き、北洋艦隊の提督に就任し、日清戦争中に艦隊戦敗北の責任をとって自決している。

 日露戦争が1904年(明治37年)より始まり、大日本帝国海軍は、黄海を北へ深く入り込み、旅順港閉塞作戦を敢行した。ロシア艦船が黄海に出てくるのを阻止する作戦である。この作戦に広瀬武夫少佐も従事し、第2回の閉塞作戦において、閉塞船福井丸を指揮していた。ところが、撤退時に部下の杉野孫七上等兵曹(戦死後兵曹長に昇進)が行方不明となり、これを助けるため船内を3度捜索した後、救命ボート上で頭部にロシア軍砲弾の直撃を受け戦死した。享年36歳。即日中佐に昇進し、「軍神」として崇められた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    各国比較 100万人当たり死者推移

    LM-7

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    マスク推奨すべきか 欧米で論争

    飯田香織

  7. 7

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  8. 8

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  9. 9

    補償なく自粛を要請 著名人怒り

    女性自身

  10. 10

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。