記事

仙谷由人官房長官が、国民から信託され正統性のある自衛隊を「暴力装置」呼ばわり、辞任相当の失言だ

◆「自衛隊は暴力装置である」−仙谷由人官房長官が11月18日の参院予算委員会で、自民党の世耕弘成参院議員の質問に答えるなかで、こう述べた。世耕参院議員が、「自衛隊を侮辱する発言だ」と追及されて、仙谷官房長官は「自衛隊は実力部隊だ」と訂正、謝罪した。だが、ついに左翼政治家の馬脚を表したのである。

 そもそも、国家権力の実力組織(自衛隊、警察、海上保安庁、麻薬Gメンなど)を「暴力装置」と言うのは、左翼であることの証左である。左翼政治学者が使う常套語であるからだ。それは、長らく権力から弾圧を受ける立場の左翼勢力が、敵である権力の本質を言い表すために用いてきたある意味で「恐怖と侮蔑」を込めた言葉である。

◆しかし、国民から信託を受けた正統性のある政権下の武装した実力組織は、「暴力装置」とは言わない。にもかかわらず、いかにも正統性のない剥き出しの暴力であるかのような「暴力装置」と言って憚らないのは、一国の最高権力者である総理大臣を補佐する女房役である立場を弁えていない粗雑な発言である。

 というのは、仙谷官房長官自身がいま、国民を「暴力装置」でもって国民を弾圧でき得る権力者の一人であるからである。その権力者が、国民の信託を受けて正統性を確保している自衛隊をまるで暴力団でもあるかのように「暴力装置」と言うのは、勘違いも甚だしい。左翼政治家であることを曝け出した仙谷官房長官の発言は、柳田稔法相の失言に続く

明らかに「失言」である。菅直人政権が、いよいよ末期症状を示し始めている。

◆この日のやりとりは、世耕参院議員が、防衛省が北沢俊美防衛相の意向を受けて、事務次官通達を出して、自衛隊施設での民間人による言論の自由を制限するかのような措置を下した問題を取り上げて行われた質疑のなかでの発言であった。

 防衛事務次官通達は11月3日に航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)が開いた航空祭で、自衛隊を後援する民間団体「航友会」の会長が行った挨拶がキッカケで出されたものである。北沢防衛相が激怒し、事務次官通達を指示した。通達には、民間人である会長の発言を「極めて不適切」と断じた上で①政治的行為と誤解されることを行わないよう参加団体に要請する②誤解を招く恐れがある場合は参加を控えさせるなどの対応を指示している。

◆なお、「航友会」の会長挨拶は、以下の通りであったという。

 「入間基地航空祭おめでとうございます。また、普段国防の任に当たられている自衛隊の皆さん、いつも大変ご苦労さまです。祝賀会の主催者として、一言ご挨拶申し上げます。本日は、極めて天気もよく絶好の航空祭日和となりました。これも國分基地指令の日頃の行いのなせるものだと思います。

 私も、随分昔から、入間基地航空祭には、参加をさせて戴いておりますが、このように天気がいいのは、あまり記憶にありません。本当に良かったと思います。

 さて、現在の日本は、大変な状況になっていると思います。尖閣諸島などの問題を思うとき私は、非常に不安になるわけであります。自衛隊は、遭難救難や災害救助が仕事だと思っている世代が増えてきています。早く日本をなんとかしないといけない。民主党には、もっとしっかりしてもらわないといけない。

他方で、戦後から日本の経済的繁栄などを思うとき、これらが先人の努力・犠牲によってなされたことを思い起こすべきであります。そのように考える時に、靖国神社に参拝するなどは当たり前のことだと思います。靖国神社には、日本人の魂が宿っている。菅内閣は誰一人参拝していない。これでは、日本の防衛を任せられない。

自衛隊の最高指揮官が誰か皆さんご存知ですか。そうです内閣総理大臣です。その自衛隊の最高指揮官である菅総理は、靖国神社に参拝していません。国のために命を捧げた、英霊に敬意を表さないのは、一国の総理大臣として、適当でない。菅総理は、自衛隊の最高指揮官であるが、このような指揮官の下で誰が一生懸命働けるんですか。自衛隊員は、身を挺して任務にあたれない。皆さん、どう思われますか。

 領土問題がこじれたのは、民主党の責任である。菅政権は冷静だと言われているが、何もしないだけである。柳腰外交、中国になめられている等の現状に対する対応がなされていない。このままでは、尖閣諸島と北方領土が危ない。こんな内閣は間違っている。まだ、自民党政権の内閣の方がまともだった。現政権の顔ぶれは、左翼ばかりである。みんなで、一刻も早く菅政権をぶっつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう。皆さんそうでしょう。民主党政権では国がもたない」

この程度の発言を封殺するような防衛事務次官通達が、出されるようでは、自衛隊創設当初、吉田茂首相や槙智雄防大校長(初代)、慶応大学の槇教授を吉田首相の要請ににより推薦した小泉信三元慶応大学(東宮参与)が理想とした「市民の軍隊」実現は、夢のまた夢となる。

◆「自衛隊は暴力装置である」−仙谷由人官房長官が11月18日の参院予算委員会で、自民党の世耕弘成参院議員の質問に答えるなかで、こう述べた。世耕参院議員が、「自衛隊を侮辱する発言だ」と追及されて、仙谷官房長官は「自衛隊は実力部隊だ」と訂正、謝罪した。

 だが、国家権力の実力組織(自衛隊、警察、海上保安庁、麻薬Gメンなど)を「暴力装置」と言うのは、左翼であることの証左である。左翼政治学者が使う常套語であるからだ。それは、長らく権力から弾圧を受ける立場の左翼勢力が、敵である権力の本質を言い表すために用いてきたある意味で「恐怖と侮蔑」を込めた言葉である。

◆しかし、国民から信託を受けた正統性のある政権下の武装した実力組織は、「暴力装置」とは言わない。にもかかわらず、いかにも正統性のない剥き出しの暴力であるかのような「暴力装置」と言って憚らないのは、一国の最高権力者である総理大臣を補佐する女房役である立場を弁えていない粗雑な発言である。

 というのは、仙谷官房長官自身がいま、国民を「暴力装置」でもって国民を弾圧でき得る権力者の一人であるからである。その権力者が、国民の信託を受けて正統性を確保している自衛隊をまるで暴力団でもあるかのように「暴力装置」と言うのは、勘違いも甚だしい。左翼政治家であることを曝け出した仙谷官房長官の発言は、柳田稔法相の失言に続く

明らかに「失言」である。菅直人政権が、いよいよ末期症状を示し始めている。

◆この日のやりとりは、世耕参院議員が、防衛省が北沢俊美防衛相の意向を受けて、事務次官通達を出して、自衛隊施設での民間人による言論の自由を制限するかのような措置を下した問題を取り上げて行われた質疑のなかでの発言であった。

 防衛事務次官通達は11月3日に航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)が開いた航空祭で、自衛隊を後援する民間団体「航友会」の会長が行った挨拶がキッカケで出されたものである。北沢防衛相が激怒し、事務次官通達を指示した。通達には、民間人である会長の発言を「極めて不適切」と断じた上で①政治的行為と誤解されることを行わないよう参加団体に要請する②誤解を招く恐れがある場合は参加を控えさせるなどの対応を指示している。

◆なお、「航友会」の会長挨拶は、以下の通りであったという。

 「《入間基地航空祭おめでとうございます。また、普段国防の任に当たられている自衛隊の皆さん、いつも大変ご苦労さまです。祝賀会の主催者として、一言ご挨拶申し上げます。本日は、極めて天気もよく絶好の航空祭日和となりました。これも國分基地指令の日頃の行いのなせるものだと思います。

 私も、随分昔から、入間基地航空祭には、参加をさせて戴いておりますが、このように天気がいいのは、あまり記憶にありません。本当に良かったと思います。

 さて、現在の日本は、大変な状況になっていると思います。尖閣諸島などの問題を思うとき私は、非常に不安になるわけであります。自衛隊は、遭難救難や災害救助が仕事だと思っている世代が増えてきています。早く日本をなんとかしないといけない。民主党には、もっとしっかりしてもらわないといけない。

他方で、戦後から日本の経済的繁栄などを思うとき、これらが先人の努力・犠牲によってなされたことを思い起こすべきであります。そのように考える時に、靖国神社に参拝するなどは当たり前のことだと思います。靖国神社には、日本人の魂が宿っている。菅内閣は誰一人参拝していない。これでは、日本の防衛を任せられない。


自衛隊の最高指揮官が誰か皆さんご存知ですか。そうです内閣総理大臣です。その自衛隊の最高指揮官である菅総理は、靖国神社に参拝していません。国のために命を捧げた、英霊に敬意を表さないのは、一国の総理大臣として、適当でない。菅総理は、自衛隊の最高指揮官であるが、このような指揮官の下で誰が一生懸命働けるんですか。自衛隊員は、身を挺して任務にあたれない。皆さん、どう思われますか。

 領土問題がこじれたのは、民主党の責任である。菅政権は冷静だと言われているが、何もしないだけである。柳腰外交、中国になめられている等の現状に対する対応がなされていない。このままでは、尖閣諸島と北方領土が危ない。こんな内閣は間違っている。まだ、自民党政権の内閣の方がまともだった。現政権の顔ぶれは、左翼ばかりである。みんなで、一刻も早く菅政権をぶっつぶして、昔の自民党政権に戻しましょう。皆さんそうでしょう。民主党政権では国がもたない」

 この程度の発言にビクつくようでは、自衛隊創設当初、理想とされた「市民の軍隊」実現は、程遠い。どこからか「弁士中止!」を叫ぶ官憲の声が聞こえてきそうである。

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 韓国批判を封じるな

    小林よしのり

  2. 2

    嫌韓風潮を憂える朝日社説に疑問

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    街で腕組むカップルが減った理由

    山口浩

  4. 4

    ミヤネ屋出演者の発言に批判殺到

    女性自身

  5. 5

    千葉災害 林業政策放置も遠因か

    田中淳夫

  6. 6

    N国立花氏 YouTubeで収入2億円?

    渡邉裕二

  7. 7

    イランと会談 日韓対立に影響も

    篠田 英朗

  8. 8

    韓国で身内を守る嘘が溢れる背景

    NEWSポストセブン

  9. 9

    新型iPhoneの5G搭載見送りは正解

    新井克弥

  10. 10

    夫を「クソ」と思っても愛せる訳

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。