記事

ハフィントンポストがAP通信からのニュース配信やめる理由

ハフィントンポストがAP通信からのニュース配信やめる計画を立てているそうです。Capital New Yorkなどが伝えています。

設立当初はアグリゲーションが主体だったハフィントンポストも調査報道でピューリッツァー賞を獲得するなど報道面でも実績を積み上げています。今回の決断は、記者を増やしたり、さらなる他国展開を見据えていることから、自社でもカバーできるようにしていくという姿勢を示していると考えられるでしょう。

近年では、日本、韓国、インドなどアジア圏に加え、ドイツやギリシャなどヨーロッパ、モロッコやアルジェリアなどアフリカでも引き続き展開を進めています。共同創業者で編集長を務めるアリアナ・ハフィントンは、「2015年の契約終了にともない、AP通信との関係を終え、自社でニュースづくりをしていく予定です」と年末の社内メモで言っているという。

また、今年5月の設立10周年に向け、サイトのリニューアルを進めているとのこと。そして、中東版(アラブ版)とオーストラリア版を開設のほか、さまざまな国での展開を予定。昨年は、世界のニュースを報道・紹介する「The WorldPost」というカテゴリーも設置されるなど、世界中のニュースをカバーできる体制や仕組みも整いつつあるように思います。

11月にはアメリカ本国版では月間1.2億訪問数という過去最高の数字を達成したハフィントンポスト。オンライン放送局HuffPost Liveについても閲覧数が20億回にも届きそうと順調なようです。世界展開と報道チームづくりに注目したいです。

ハフィントンポストの放送局「HuffPost Live」、「Hulu」に番組配信 - メディアの輪郭

米ハフポストがクラウドファンディング実施ーー「ファーガソンの暴動」の継続的報道に向け - メディアの輪郭

ハフィントンポスト、総コメント数が3億件を突破ーー良質な言論空間とウェブメディアの未来 - メディアの輪郭

あわせて読みたい

「ハフィントン・ポスト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相を吊し上げ 予算委の惨状

    青山まさゆき

  2. 2

    コロナで世帯数激減 23区の危機

    中川寛子

  3. 3

    河野大臣のTwitterに感じる恐怖

    文春オンライン

  4. 4

    志村さん TVに映らぬ圧倒的努力

    PRESIDENT Online

  5. 5

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  6. 6

    携帯新料金 武田氏一転して評価

    赤木智弘

  7. 7

    バイデン氏の大統領令に反発も

    My Big Apple NY

  8. 8

    日本は親の資産で人生決まる国に

    ABEMA TIMES

  9. 9

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

  10. 10

    二階氏の「努力不足」発言に疑問

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。