記事

習近平副主席が次期国家主席に確定、薄情で礼儀を知らず、無礼な菅首相や仙谷官房長官に容赦しない。

◆中国共産党は10月19日、第17期中央委員会第5回総会(5中総会)で、習近平・国家副主席(党政治局常務委員)を党中央軍事委員会副主席に選出して閉会した。この人事により、習近平・国家副主席は、2012年3月15日、「ポスト胡錦濤」の地位を確保し、次期国家主席(党総書記)に就任することが確実になった。

◆習近平・国家副主席が、次期国家主席に確定したことによる日本への影響は、いくつかあるけれど、主に3つのことを重視する必要がある。

 1つは、中国の「反日教育」である。習近平・国家副主席が師匠として仰いできた江沢民前国家主席が、「反日教育」を強烈に推進してきた関係から、習近平・国家副主席自身が、反日教育を受けてきた世代から支持を受けている現状を無視できない。5中総会の開催最中に、成都市や武漢市をはじめ中国各地で起きた反日デモは、習近平・国家副主席の党中央軍事委員会副主席に選出をバックアップする目的で、計画的組織的に仕組まれた要素が極めて強い。ということは、習近平・国家副主席が、誇示的には、親日であったとしても、支持母体の意向は無視できないことを意味している。

 習近平・国家副主席は、小沢一郎元代表に極めて強いシンパシーを抱いており、とくに昨年12月、天皇陛下に謁見を申し込んだ際、予約に冠する「30日ルール」に反するのを強引に押して実現してくれた小沢一郎元代表に深い恩義を感じている。このため、小沢一郎元代表が、菅政権から冷遇されたり、ひどい目にあったりした場合、菅政権に対して冷淡な態度を取る可能性が高い。中国人は、薄情で礼儀を知らない無礼な菅首相や仙谷官房長官のような政治家に対しては、容赦はしない。

◆2つ目は、このことは、菅直人政権に対して、難しい対応を迫る。菅直人政権には、対中国政策において、強硬姿勢を取る政治家がいる。前原誠司外相である。中国漁船衝突事件発生の際に、海上保安庁を管轄する国土交通相だった前原外相は、「逮捕しろ」と強い姿勢を示した。

 前原外相は、自民党の小泉純一郎首相とも気脈を通じ、いまのところ「靖国神社公式参拝」こそ控えているものの、かなり「反中国的」であることから、ことあるごとに北京政府の神経を逆なでする発見をしているので、とかく摩擦を起し勝ちである。

 この背景には、前原外相が、米国デイビッド・ロックフェラーやCIAなどと密接な関係にあることがある。

 しかし、こうした米国との結びつきの強さは、逆に中国北京政府の警戒感を招き、「反日運動」のターゲットになりやすい。とくに米国CIAのコントロールを受けている小泉元首相が受けている「反日運動」と同列の悪影響を受ける危うさがあり、これが、菅政権の命運を脅かしかねないのである。

◆3つ目は、米国ブッシュ前大統領とデイビッド・ロックフェラーが2012年から計画実行しようとしていると言われる「第三次世界大戦」の一環に「中国・インド核戦争」が組み込まれており、かつ、ジェイコブ・ロスチャイルドが2012年から投資資金引き上げをしようとしていることなどから、中国全土が大混乱する危機が迫っている状況に対して、菅政権がどう対応するかが、注目されている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  2. 2

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  3. 3

    緊急事態宣言 段階的解除で調整

    ロイター

  4. 4

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  5. 5

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  6. 6

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  7. 7

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  8. 8

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  9. 9

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  10. 10

    家事両立ムリ? テレワークの弊害

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。