記事

Cyber-seculityを大学新入生に必修化

九大の話である。

九大、サイバー対策「必修」に 16年度の入学者から
見出しはサイバー対策というので、何か、インターネットの普及にどう身を守るのか、リベンジポルノの犠牲者にならないために、みたいな話かと思ったが。

九州大(福岡市)は2016年度から、インターネット上の攻撃に備える安全対策「サイバーセキュリティー」を全入学者の必修科目にする方針を固めた。総合大学では国内初の取り組み。パソコンやスマートフォンといったネット端末が普及し、政府機関や企業を狙ったサイバー攻撃が頻発する中、「自分のネット環境や情報端末に責任を持ち、被害者にも加害者にもならないためには、基礎的な知識を持った人材育成が急務」と判断した。15年度は全学年を対象とした選択科目とする。
講義では、サイバー攻撃に対する国の責務などを定めたサイバーセキュリティ基本法などの法令▽企業が攻撃を受けた実例▽ネット上の著作物を論文などに引用する際の注意点▽安全性の低い無線回線に接続しないなど個人でもできる対策-などについて、具体例を交えて教える。これまでは情報処理の講義の冒頭で触れる程度だった。

なるほど、これらを全学生に必修として教えるというのは、なかなか興味深い取り組みである。
サイバーセキュリティというのか、むしろネットリテラシーといった方が誤解がない気がするが。

サイバーセキュリティセンター長の岡村耕二教授は「社会に出ても、九大の卒業生ならセキュリティーの常識があると保証したい。九大が先陣を切り、他大学も続いてほしい」と話す。

東大のすることなら、右習えとなる某国立大学(複数)に普及させるには、まず東大に採用されることが先決だろう。
それはともかく、いわゆる情報学の授業は北大でも必修となっているが、その中身に大幅に取り入れるということも考えられる。
すでに北大の情報学の中の情報倫理では、オープンコースウェアに優れた教材が公開されているし、セキュリティ面をより強化すれば追いつけそうである。

何れにしても、一方ではセキュリティに関する専門家の人材育成が求められているが、他方では社会全体のセキュリティ基礎能力の習得が求められているところである。九大の上記試みは高く評価されるべきことだ。

あわせて読みたい

「サイバーセキュリティ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅息子のルックス批判、クラブや薬物への偏見を許すな ビートたけしは発言を撤回せよ

    常見陽平

    02月28日 10:10

  2. 2

    酒と泪と男とワセジョ。山田真貴子内閣広報官の経歴から感じたこと【超雑談】

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 09:37

  3. 3

    首相ぶら下がり、評判悪いわけ

    安倍宏行

    02月28日 06:52

  4. 4

    コロナを克服した世界はいずれ教訓を忘れてしまうのか

    ヒロ

    02月28日 10:57

  5. 5

    「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる

    PRESIDENT Online

    02月28日 12:05

  6. 6

    林修の冠番組が相次ぎテコ入れ 内容が大きく変わったのはなぜか?

    NEWSポストセブン

    02月28日 07:33

  7. 7

    上野千鶴子「忖度も根回しもしてきた」組織で活躍する女性と孤立する女性の決定的な違い

    PRESIDENT Online

    02月28日 11:31

  8. 8

    地銀を三重苦の崖っぷちに追い込む「給与デジタル払い」解禁の裏事情

    大関暁夫

    02月27日 11:20

  9. 9

    【ご報告】地域政党「あたらしい党」代表と、東京維新の会の副代表を辞任いたします

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月28日 20:52

  10. 10

    国民民主党が提言する政策は、与党から丸呑みされるくらい完成度が高いということかしら

    早川忠孝

    02月27日 16:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。