記事

大阪都構想と東京・大阪間のリニア開業は、日本再生の切り札だ - 1月4日(日)のツイート

大阪都構想と東京・大阪間のリニア開業は、日本再生の切り札だ

大阪都を実現して、東京・大阪間をリニアで結び、国の行政機構をまずは二極化。東京一極集中の是正策の切り札が大阪都構想と、東京・大阪間のリニア開業だ。大阪都構想は来年5月に住民投票。東京・大阪間のリニア開業もいよいよ動き出す
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6144676

名古屋・大阪間のリニア開業促進について関西はまとまりがない。奈良ルートか京都ルートか揉めている。そんなことをやっている場合ではない。ゆえに、大阪府と大阪市、経済界で、東京・大阪間リニア開業促進協議会を結成した。ルートはJRの考えを尊重することが基本。

そして名古屋・大阪間のリニア開業に消極的であるJRの財務負担軽減のためのスキームを構築する。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6144676
大阪都構想と東京・大阪間のリニア開業は、日本再生の切り札だ。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6144676 
大阪都の実現と東京・大阪間のリニア開業。さらに、自分の行動で少しでも前進させたいと思っている方、是非、堺市議選に挑戦して下さい。
http://oneosaka.jp/election/candiate/sakai2014/… 
すかして批判してるだけでは何も変わりません。

今年の5月には大阪都構想の是非について住民投票があります。少なくても次のものには目を通して、よく考えて下さい。
http://oneosaka.jp/policy/ 
http://ueyama.sfc.keio.ac.jp/ueyama/ueyama-saka.htm…

一つ一つの改革を積み上げるしかない

水道事業の民営化も日本の成長戦略の一つの柱。これまで民営化に反対だった市役所内も民営化でまとめた 
http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakusitsu/page/0000289632.html… 
これ一つでも首長が一任期中にできるかどうかの改革。学者や評論家では反対論の嵐の中会議のひとつすら開けないでしょう。

国の成長戦略度など、一つ一つの改革を積み上げるしかない。自治体公営企業(上下水道、地下鉄)の民営化もその重要な柱の一つだ。大阪市では上下水道も、地下鉄・バスも、さらにはゴミ収集事業まで全て民営化プランをまとめた。ところが大阪市議会では維新の会以外は全て反対。自民、公明までも。

改革案に批判をしてもらうのは結構だが、ほとんどの指摘は資料も何も読んでいない批判。改革案をまとめるにあたっては、専門家に指摘される問題点については全て解決策を講じている。思い付きの批判レベルには全て反論できる。水道事業の民営化プランは 
http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakusitsu/page/0000289632.html…

水道事業の民営化は施設や安心・安全の確保は引き続き行政がやる、運営を民間に任せるいわゆる上下分離方式の民営化です。また水道料金は議会の議決事項なので無制限に上がることはありません。制度内容をしっかりと見てから批判をして欲しいものです
 http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakusitsu/page/0000289632.html…

※この記事は橋下徹大阪市長のツイートを時系列順に並べたものです。

あわせて読みたい

「大阪都構想」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  3. 3

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  4. 4

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  5. 5

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。