記事

2014年投資銀行ランキング首位はJPモルガン

2014年の世界の投資銀行の中で最も多くのインベストメントバンキング収入を稼いだのはJPモルガンでした。

リンク先を見る

同社の2014年のインベストメントバンキング収入は65.5億ドルで、マーケットシェアは8.1%でした。第2位はゴールドマンサックスで53.6億ドルを稼ぎ、シェアは6.7%でした。

債券引受ランキングでは1,768の案件の主幹事を務め、合計4,202億ドルを調達(ブックランナー・ベース)したJPモルガンが今年も首位でした。第2位はバークレイズで1,388の案件で3,611億ドルを調達しました。

リンク先を見る

株式引受ランキングでは412件の案件の主幹事を務めたゴールドマンサックスが去年に引き続き今年もナンバーワンでした。調達総額は792億ドル(ブックランナー・ベース)でした。

リンク先を見る

なおIPOでは115件の案件を手掛けたゴールドマンサックスが224億ドルを調達し、首位でした。モルガンスタンレーは130件の案件で221億ドルを調達し、第2位につけました。

IPOの金額が最も多かったのはテクノロジー・セクターで、600億ドルでした。金融セクターがこれに続き420億ドルでした。

プロダクト別のフィー・ランキングでは次の投資銀行がトップでした:

IPO モルガンスタンレー
公募増資 モルガンスタンレー
M&A ゴールドマンサックス
社債 JPモルガン
ジャンク債 JPモルガン
シンジケート・ローン JPモルガン


また顧客の産業分野別のトップ投資銀行は次の通りでした:

金融機関 JPモルガン
エネルギー シティ
工業 JPモルガン
消費・小売 JPモルガン
ヘルスケア JPモルガン
テクノロジー モルガンスタンレー
不動産 メリルリンチ
通信・娯楽・メディア JPモルガン
サービス JPモルガン
運輸 モルガンスタンレー

あわせて読みたい

「JPモルガン」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  7. 7

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  8. 8

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。