記事

2014年の裁判例アーカイブ(暫定版)

いよいよ年末も押し迫ってきた、ということで、一応、今の時点で今年取り上げた裁判例リストをアップしておくことにする。

知財系で最もインパクトのあった判決は何か、と言えば、特許の世界では「アップル対サムスン」、著作権法の世界では「自炊代行」ということになるのだろうが(いずれも知財高裁判決)、身近な実務への影響、ということで言えば、むしろ「利用規約」事件や、ディスプレイフォント事件(一般不法行為の成否に関する判示)等の方が、インパクトとしては大きいようにも思えるところ。

いずれにしても、個性的な事件が多かった(まだ取り上げられていないものも多いが・・・)、というのが、今年の印象である。

知財関連判例

■切り餅無効不成立審決取消請求事件

知財高判平成25年12月24日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20140108/1389535842

■モデル個人情報営業秘密不正利用事件

東京地判平成26年4月17日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20140514/1404571203

■「CR松方弘樹の名奉行金さん」商標・著作権侵害事件

東京地判平成26年4月30日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20140603/1402252195

■「千年堂」利用規約著作権侵害事件

東京地判平成26年7月30日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20140908/1410196746

■メロン熊商標権侵害事件

大阪地判平成26年8月28日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20140902/1410764807

■「維新の会」商標拒絶不服不成立審決取消請求事件

知財高判平成26年9月17日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20140918/1411487399

■ディスプレイフォント事件〔控訴審〕

大阪高判平成26年9月26日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20141028/1415031959

■自炊代行(ドライバレッジ)著作権侵害事件〔控訴審〕

知財高判平成26年10月22日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20141025/1414434412

■野村證券職務発明事件

東京地判平成26年10月30日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20141122/1416940805

■ロエン商標無効審決取消請求事件

知財高判平成26年11月26日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20141205/1417971854

■「江戸東京重ね図」著作権侵害事件

東京地判平成26年12月18日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20141224/1419969222

その他の判決

■暴力団ゴルフ場詐欺事件

最二小判平成26年3月28日

http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20140329/1396197657

リンク先を見る 画像を見る 著作権法入門〈2014-2015〉 著作権情報センター 文化庁




リンク先を見る 画像を見る 刑事控訴審の理論と実務 判例タイムズ社 石井一正


リンク元

あわせて読みたい

「知財」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。