記事

地域に根ざしたスポーツ文化をどう醸成していくか 『百年構想のある風景』 傍士銑太氏インタビュー - 本多カツヒロ

今年はサッカーのブラジルワールドカップが行われ、サッカー日本代表は注目を集めたが、それを支えるJリーグはそこまでの関心を集められていないのが現実だ。

 1996年からJリーグは「百年構想」を掲げている。これは、緑の芝生におおわれた広場やスポーツ施設をつくることや、サッカーだけでなく、やりたい競技を楽しめるスポーツクラブを作ること、スポーツを通して世代を超えた輪を広げることを目指している。昨今、地域コミュニティの崩壊が叫ばれる中で、こうした試みはどのようにすれば実現するのか。『百年構想のある風景』(ベースボール・マガジン社)を刊行された、元Jリーグ理事の傍士銑太氏に「アウェイツーリズム」などについて話を聞いた。

――Jリーグが発足してから21年目のシーズンが終わりました。日本全国にJリーグを目指すクラブチームが発足と活発になっているように思います。ドイツ駐在の経験、Jリーグ理事を務めた経験から日本とドイツのクラブを比べどのような違いがありますか?

リンク先を見る『百年構想のある風景―スポーツ文化が国の成り立ちを変える』(傍士銑太、ベースボールマガジン社)

傍士:もともと私は日本開発銀行(現・日本政策投資銀行)に勤めていました。ドイツから帰国後は地域活性化という独自のテーマを設け、行内では異端児だったかもしれません。ちょうど鹿児島勤務だった1993年にJリーグが発足し「待ってました!」というのが私の正直な気持ちでした。メキシコオリンピックで日本サッカー代表が銅メダルに輝いた頃、中学生だった私は『サッカーマガジン』に掲載されていた世界各国リーグの順位表が、日本でお馴染みの企業名ではなく、地域の名前がチーム名になっているのを見て、いつか日本にもそんなスポーツ文化ができればいいなと想いを馳せていたんです。

 そこでJリーグ発足当時、突然事務所に押しかけて、勝手に手伝わせてもらいました(笑)。その頃、今のようにホームタウン制が徹底されていなかったので、その研究会に呼んでもらったのがJリーグとの関わり始まりです。そんな中、98年から3年間、スポーツ文化の先進地であるドイツのフランクフルトに滞在する機会を得ました。

 向こうのクラブは、まず地元の人が、クラブ運営に携わっていることからスタートしているので、地元の人がみな自分たちの大好きな街のクラブで、クラブこそが代表なんだという意識があります。それは何もサッカーだけではなく、北ドイツへ行けばそれがハンドボールであったり、体操であったり、クラブの始まりはそれぞれです。

――そういったご経験から、今回のもとになったコラムを書いたんですか?

傍士:その後、06年から8年間、Jリーグの理事を務めさせていただきながら、本書の元となったコラムを07年から書いたんです。このコラムに書いたことは、全国各地での講演の際にも、いろいろとお話させていただきました。その中で、サッカーと聞くと自分とは関係がないと思う人もいますし、むしろ嫌いな人や野球のほうが好きな人もいます。かといってスポーツの話だと言っても自分にはスポーツは関係ないという人もいます。でもそうではなく、人の集まるお祭りが日常にあるんですよということを強調してきました。

――そういった観点からだと興味をもつ人も増えそうですね。

傍士:そうなんです。この本の中でもアウェイツーリズムの章がありますが、地域の観光活性化につながるということをお話するんです。Jリーグは基本的に週末に行われますから、週末の休みを利用し、アウェイゲームに地元から多くのファンが応援に駆けつけます。もし街中にスタジアムがあれば、アウェイチームのファンは、街の商店街などでお金を落としますから、観光や交通に携わる人々にも、アウェイチームのファン=観光客として魅力的ではないでしょうか。

 街中にスタジアムを建設するなんてとんでもないと思われる方もいるかもしれませんが、実際にこうした動きは各地で起きています。たとえば、私は去年の6月に山形市の市議会と商工会議所に招かれ、別々に講演をしました。山形市では、街中にスタジアムを建設しようという動きがあります。これは、サッカー関係者が言い出したのではなく、地元の商店街連合会がこぞって商店街の活性化のために動いているんです。

 また、来季からJ2に昇格するツエーゲン金沢というチームがあります。来年の3月に北陸新幹線が開通し、このチームがJ2に昇格したことで、多くのアウェイチームのサポーターが観戦に訪れるでしょう。

――他のスポーツでもこういった動きは見られるのでしょうか?

傍士:プロバスケットボールのbjリーグ・新潟アルビレックスBBは、新潟県長岡市役所とアリーナなどが一体となった「長岡シティホールプラザアオーレ長岡」をリーグで使用しています。また、栃木市役所の1階には東武百貨店が入っています。そのようにどんどん垣根を超えていっているんです。これから甲府や富山、金沢、福島などスタジアムを作らなければならないチームはたくさんあります。サッカーなどのスポーツの話からでは動かない人たちも、街づくりや地域の活性化の話からすればいいと思うんですよ。

――ただ、スタジアム建設には莫大な費用がかかります。

傍士:最初のうちは、スタジアムは小さくてもいいと思うんです。それこそ3000人規模の観客席数で。それを増設出来るような設計にしておくことが重要です。日本のスタジアムは増設できるように設計されていないところが多いんです。たとえば、ドイツ・ブンデスリーガのフライブルクは、1903年のクラブ設立当初観客席数は1000だったのが、93年に2万5000人収容に増設しました。90年かけて大きくしていったのです。

 日本の場合、そういったモデルとなるようなクラブやスタジアムを作ることで、自治体が地方創生に目を向けてもらえばと思うんです。そうすることで、自分たちの街にクラブが出来て、自分の街を愛するという風景ができると思います。

 ドイツでの経験から、財源や権限の自立を取り戻すのと等しく、意識の自立を取り戻すのが重要だと感じました。そこにつなげるためには日常の風景が重要で、小さい時から親や祖父母と応援に行くクラブがあれば、それだけで全然違うと思いますし、自分の街が一番だと思えれば、わざわざ東京へ出て行く必要もないのかもしれません。そういう意味では、スポーツの果たす役割は社会的ですよね。

 また、銀行員時代の経験から、サッカーのためというよりも観光のためとしたほうが予算は取りやすいと思いますね。

――最後にどんな人に本書をおすすめしたいですか?

傍士:こんなふうになりたいや、こんなことしたいけれど悩んでいる人ですね。そのためには、100年も最初の1日、1分からなんです。ヨーロッパのビッククラブであるユベントスだって、最初は地元の高校生が集まってクラブハウスを作るところから始まっているんです。小さいものを作り、みんなで育て上げていけばいいと思いますね。


【関連記事】
ちょっと待て移民論議 海外人材にタダ飯なし
移民減少に危機感を抱くドイツ 議論すらできない日本
移民の国 スウェーデン 異国の地に根を下ろすということ
中国富豪の夢砕く カナダの移民政策変更
日本のリベラルが考えるべき8つのこと

あわせて読みたい

「スポーツ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  10. 10

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。