記事

お金の流れを逆にしたネットメディアが増えそうな予感

1/2

インターネットのコンテンツに興味をもって、早いもので、15年以上たっていました。インターネットはいろいろな情報があって本当に楽しいですよね

一方で、はじめてインターネットに触った16歳くらいのとき(だいたい98年くらい?)は「本とか雑誌には載っていない、こんなすごい情報が載っていて、インターネットは革命的だ!」と感動した覚えがあるんですが、2014年になってみて、インターネットコンテンツを見ていると、なんか似たようなコンテンツが多くなってきているのでは・・・という気がしてきました。

たとえば、

  • ニュース
  • キュレーション
  • ハウツー
  • エッセイ・コラム

あたりは、おもしろいものも多く、参考になったりするのですが、これらの特徴としては

  • PVが稼ぎやすい
  • 作成コストが安い

の組み合わせか、

  • お金を稼がなくてもいい個人や少人数のサークルがやっている
  • 趣味で書きやすいジャンルのもの
  • とても強い個人の想いがあるもの

のどちらかが多い感じで、逆にこれ以外のものだと、多様性が実は少ないのではないかという気がしてきています。

インターネットのコンテンツ

インターネットのコンテンツは、このようにどうしても偏りが出てしまうのですね。

その理由としては

  • 無料でオープンである
  • 広告がビジネスモデル

であるからなのではないかと。

簡単にいうと、インターネットのメディアでビジネスをやろうとすると

  • 多くのPVが稼げる
  • かつコストが低い

という形なのがベストになりがちなんです。

なぜかというと、1pvあたり、せいぜい0.5円くらいが関の山であり、2万PV稼げたら、そこそこのヒットという状態なので、1記事にあてられるコストは、1万円を切ってしまう、という環境だからです。

2chまとめ系サイトや、外部で拾った情報で作るバイラルメディアが大流行したのはこのためです。PV稼ぎやすいネタかつコストが低い。

その結果、過当競争になります。2chまとめも、誰が作ってもそこそこの範囲までいけるため、乱立します。乱立の結果、どんなにいいものを作ったとしても、PVを稼ぐという面では、さほどおいしくなくなってきてしまうのです。2chまとめはアレほど流行ったのに、100人の会社とかが出てくるわけではなく、サイトが乱立する方向になりました。

その結果、「PVを稼げるネタだけを安いコストでやる」が合理的になっていくため、PVが稼げないネタが軽視されて、投稿されなくなっていく・・・、という形になっていきます。

これをお金の流れで整理してみると、

  • お金を使ってコンテンツを作る
  • 見てくれる人が増える
  • 見てくれる人が多いから広告費が支払われる

という流れになります。

あわせて読みたい

「ウェブメディア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  10. 10

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。