記事

「宿命の子」出版される―笹川一族の神話―

「宿命の子」―笹川一族の神話と題する高山文彦氏の著作が小学館より出版された。内容は亡父との父子関係を軸にした私の評伝的ノンフィクションである。初出は一昨年4月から昨年暮れまで、74回にわたって週刊ポスト誌に掲載された。



高山氏はハンセン病作家・北條民雄についての作品で賞を取られるなど、ハンセン病に深い興味を持っておられることを知り、一人でも多くの人にハンセンに対する正しい知識と偏見にもとずく差別の不当性について考えてもらいたいと、取材に応じることとなった。

高山氏の取材インタビューは100時間を超え、その質問は厳しく鋭いものであった。対する私も真摯に答えた。今、読み返してみると、作家の目を通しての私の言葉への見方と真意の間に幾つかの違いもある。こうした箇所は私の語彙不足と説明不足から生じた部分であろう。また、高山氏が過分に私を評価されている部分もある。高山氏の諸々のご指摘を糧とし、反省すべきは反省し、更に精進していくつもりである。

私にとっての一番の喜びは、高山氏が亡父笹川良一に深く温かな洞察力を発揮していただいたことである。私自身はまだまだ努力不足は否めないが、唯一、父母への親考行だけは立派にやり遂げたと、ひそかに自負できることである。

あわせて読みたい

「ハンセン病」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  2. 2

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  3. 3

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  4. 4

    田原氏 取材者がTVで訴える意義

    たかまつなな

  5. 5

    管楽器が演奏できるマスクが発売

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    反体制派を一斉弾圧 中国の狙い

    ABEMA TIMES

  7. 7

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日本企業は本社を地方に移転せよ

    川北英隆

  9. 9

    LEXUS運転? 正恩氏に走り屋の噂

    高英起

  10. 10

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。