記事

STAP細胞 科学者としての矜持

理化学研究所がSTAP検証実験の中止を発表しました。STAP現象の検証結果 2014年12月19日 理化学研究所 STAP現象の検証結果について 昨日マスコミでも大々的に報道されています。

概ねSTAP現象は再現できない、作れないとの報道で、STAP細胞はあるかないかについては解答できないとの内容です。

ここで、わかったことは小保方さんという名人の手を使っても、多能性を持つキメラマウスを作る真のSTAP細胞はできなかったということです。つまり、言い換えると論文に書かれていたSTAPは作者でも再現できない内容、まだ証明できていない仮説にすぎないものであったということです。

効率は悪いながらも、死細胞と区別できないながらも、一部遺伝子を発現するSTAP様細胞集塊はできています。論文には書かれていないATPを入れること(特別なレシピ)で塩酸を使うより効率があがることも報告されました。でもそれでもネイチャーでの報告の10分の1以下で、まさに偶然に毛の生えたようなものでした。

そして一番大切なキメラマウスを作製できるという多能性の再現性が全くできませんでした。

面白い結果が出た際、あとはきっとこうなると効率を考えずに実験し、一度でもできた?こと(チャンピオンデータ)を用いて論文を作製することは実はあります。

見栄えをよくするためのものですが、それが許されるのは最低でも報告したい現実が再現できるという科学者の基準があります。今回のSTAP事例は多能性の細胞ができないのですから、その後のキメラマウスやT細胞受容体の遺伝子再構成などのデータはどうやって出したのか。やはり捏造としか思えません。

多能性遺伝子を(一過性に?)発現した細胞らしきものができた時に(ここまでは小保方さんが対応)、証明は後からできるからこのデータを使いなさいと指示されたかたがいらっしゃったのでしょうか。(STAP細胞「再現簡単…は重大な間違い」論文共著者が見解)そして彼女は洗脳と同様に信じ続けていたのでしょうか。

特許がからむ、ビジネスがからむと、はったりを使って研究費をとり、正しい結果が出なくてもお茶を濁すやりかたが正直存在しています。 そして再現できないといっても、完全否定できるわけではなく、可能性は否定できないという言葉でこのような科学を喰いものにするかたがいらっしゃいます。残念ながら現実です。

一部の方達が、証明できないのをいいことにやっているとんでも医学も同様の構図です。

付随的事項で、犯罪者を扱うような体制で実験をおこなわせたことを責任者が謝罪されていました。性善説での研究管理についても質問としてあげられていました。理研についての対応も取沙汰されています。

どこまで善人でなければいけないか、そして周りはどう教育しなければいけないかを含めて、ノーベル賞が出たこの年だからこそ、科学者の環境を検討する必要があります。

あわせて読みたい

「STAP細胞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  7. 7

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  9. 9

    「おじさん」は女性にも存在する

    PRESIDENT Online

  10. 10

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。