記事

人工知能時代の覇権はオレたちが獲る 動き出した日本のプレイヤーたち

2/2

▶データを集める仕組みが大事

 こうした状況で、果たして日本は、英、米、中国に対抗できるのだろうか。

 ただ基礎研究で後塵を拝していても、実際のビジネスで影響力をつかめればいいという意見がある。「大事なのは、人間に対するユーザーインターフェースの1枚目を取るということなんです。2枚目、3枚目と距離ができるほど収益は小さくなる」とソフトバングロボティクス株式会社の林要(はやし・かなめ)氏は言う。

 インフラを押さえた方が強いのか。ユーザーに近い場所を押さえた方が強いのか。よく議論になるテーマだ。

 ただ携帯電話事業に関する限り、インフラとなる通信網を提供するキャリアの状況は厳しくなる一方だ。各社とも同じような携帯電話端末を扱っているので、競争できるのはサービスの質と価格だけ。どうしても価格競争で、収益を圧迫する結果になってしまう。「キャリアは単なる土管になっていく」。そんな意見が業界関係者から聞こえてくる。

 一方で、ユーザーと直接接点のある企業は強い。最近ではLINEがモバイル決済サービス「LINE Pay」を始めるなど、ユーザーとの接点を活かして新たなサービスを次々と生み出している。ユーザーに一番近いところ、林氏の言う「1枚目を取っている」ことからくる強みだ。

「Appleにしろ、Google、Facebookにしろ、みんな1枚目を取る競争をしているんです。ソフトバンクも今度こそ、そこを取りに行くべきじゃないかって考えています」と林氏は言う。

 検索の「1枚目」はGoogleが手にした。ソーシャルはFacebook、スマートフォンはApple、Googleが手にした。人工知能ではソフトバンクが「1枚目」を取りたい。ソフトバンクが、世界に先駆けて人型ロボットpepperを家庭向けに本格投入しようというのはこのためだ。

 pepperは人の心を癒やすコミュニケーションロボット。人を喜ばせるにはどんな情報がいいのか、どんな会話がいいのか、というデータがpepperに蓄積される。またpepper一体、一体から送られてくるそうしたデータは、クラウド上で集計される。それをベースにクラウド上の人工知能が順調に学習を進めていけば、他社に真似のできない人工知能が出来上がるはず。この人工知能を作るために、破格の価格でpepperを発売しようとしているわけだ。

 米IBMはソフトバンクロボティクスと提携して、pepperのデータ処理に力を貸すことになった。「データがないとIBMの人工知能は賢くならない。IBMはそのことを理解しているんです」と林氏は言う。

 東大発の有力ベンチャー、プリファードインフラストラクチャー社の岡野原大輔副社長も、データを集める仕組みを持つ少数の企業が影響力を持つようになると考える一人だ。

 「今のネットもオープンな仕組みとは言われますが、Googleが検索ユーザーの動きをほとんど把握しています。Googleを使えなかったら、ほとんどの情報にリーチできない状態です」「同様にこれからも、オープンだけど事実上そこを全部コントロールする仕組みができるのではないかと思います。そこにはネットワーク効果が働くので、強いところがどんどん強くなると思います」と岡野原氏は語る。

 次のパラダイムでは、少数の覇者がすべてを牛耳るようになるというわけだ。

 具体的にはどのような仕組みなのだろうか。他社との秘密保持契約があるらしく岡野原氏からは多くを語ってもらえなかったが、ネットワークにつながった無数のデバイスから集まったデータを人工知能が取り込むことで、人工知能がどんどん学習していく仕組み作りを考えているようだ。

 そして、あらゆるデバイス、あらゆるアプリの後ろには人工知能がつながるようになる。そのとき「中心になるのは、今の大手ではないと思いますよ。新たに勃興してくる会社が新しい時代の中心になるのだと思います」と岡野原氏は予測する。「過去のコンピューターの歴史を見てもパラダイムが変わるたびに新しいプレイヤーの時代になっています。今のスマホ、クラウド時代の覇者は、今の成功に縛られて新しいことができないんじゃないかと思います」。

 次の時代を見据えて、勇者たちが動き出した。ワクワクする時代の幕開けだ。


【蛇足、オレはこう思う】

人工知能に関して、何人かのキープレーヤーを取材してみて、おもしろいことに気づいた。次の覇者として、だれもAppleの話をしないのだ。もちろんスマホ時代を築いたという功績に対してのリスペクトはかなりのものなのだが、人工知能の覇権争いの話をしていても、だれもAppleを意識していない。

 Googleの話は出る。しかしGoogleにしても、それほどは神経質にはなっていない模様。というのは、買収は繰り返しているものの、Googleとしてまだ新しい動きが出てこないからだ。最近では、Googleのロボットの責任者が退社したというニュースがあった。Google内部で何が起こっているんだろう。「有力ベンチャーを買収することで天才を数多く雇用したんだけど、天才は協調性がないことが多いので、それぞれがバラバラに動いてまとまりが取れないのではないでしょうか」。そう分析してくれる関係者もいた。

 業界関係者の間では、家庭用ロボットではまずはGoogleが動くと見られていたのに、ソフトバンクに先を越された。このととも、原因がその辺りにあるのかもしれない。まったくの憶測だけど。

 やはり、新しいパラダイムは、新しいプレイヤーが中心になるのだろうか。

あわせて読みたい

「人工知能」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    即席ラーメン人気が再燃した背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。