記事

人工知能時代の覇権はオレたちが獲る 動き出した日本のプレイヤーたち

1/2
脳を模した人工知能の研究領域に研究者が集中し始めたことで、人工知能が急速に進化し始めている(関連記事「人工知能が急に進化し始めた」)。テクノロジーが急速に進化すると、テクノロジー業界の勢力図が塗り変わる可能性がある。スマホ+クラウドの次のパラダイムは、だれが覇者になるのだろうか。


▶Google、Facebook、中国Baiduも

 次のパラダイムの覇権に最も近い位置にいると見られているのがGoogleだ。同社は、2014年1月にイギリスの人工知能系ベンチャーDeepMind社を推定5億ドルで買収したほか、10月にはオックスフォード大学発ベンチャーのDark Blue Labs社とVision Factory社の2社を買収し、両社の主要研究者7人をDeepMind社に移籍させている。

 DeepMind社はどれだけすごいのか。同社の技術に触れたカリフォルニア大学スチュアート・ラッセル教授をして「DeepMind社の技術は、私たちが考えていた技術的レベルをはるかに上回る予想外のもので、大きなショックを受けました。私を含めて多くの人が思考停止に陥ったと思います」と言わしめるほどだ。(関連記事

 DeepMind社の買収をめぐってはFacebookがGoogleと最後まで競い合っていたと言われるように、Facebookも人工知能に力を入れている。Facebookは昨年末にニューヨーク大学のYann LeCun教授を雇用し、人工知能研究所を設立している。同研究所は、Facebookの本社のあるカリフォルニアと、ロンドン、それとニューヨーク大学のすぐ隣の3カ所に拠点を設けている。

 そしてIBMも「人工知能に社運を賭けている」(同社関係者)というほど力を入れているし、「Microsoftもこの分野には古くから力を入れている有力企業です」と、この領域に詳しいビジョン&ITラボの皆川卓也氏は言う。

 また中国企業も人工知能に力を入れ始めた。中国のネット検索大手Baidu(百度)は約3億ドルを投じ、5月にシリコンバレーに人工知能の研究所を開設した。昨年、北京に開設した人工知能研究所と合わせて、人工知能研究者として有名なスタンフォード大学のアンドリュー・ング氏が統括するのだという。

 日本企業の動きはどうなんだろう。某テクノロジーコンサルタントは「日本の大手企業の動きは無視していいです。ウォッチする必要はまったくありません」と言い切る。

 人工知能に関しては日本も「第5世代コンピューター」という国策プロジェクトがあったおかげで研究者の層は厚いのだそうだが、問題は研究予算。国立情報学研究所の市瀬龍太郎准教授は「Googleとかは日本の大学とは桁違いの予算をかけて研究をしています。そこと伍していくのには、どうしても限界があるように思います」と語ってる。

 早稲田大学政治経済学の井上智洋助教は、雑誌エコノミストに「政府は人工知能の研究開発の支援を」という記事を寄稿している。人工知能は社会のインフラ的存在になり、日本の生産性を劇的に上昇させる可能性があるから、というのがその理由だ。


あわせて読みたい

「人工知能」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    40代で年収650万円は高収入か

    キャリコネニュース

  4. 4

    J&J株 ベビーパウダー報道で急落

    ロイター

  5. 5

    河野外相 記者会見の態度を反省

    河野太郎

  6. 6

    昭恵氏 居場所なくほぼ軟禁状態

    SmartFLASH

  7. 7

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  8. 8

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  9. 9

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  10. 10

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。