記事

2015年3月に「トモダチ チャリティベースボールゲーム」が開催―松井秀喜氏が語る被災地への思い―

1/2
東日本大震災のチャリティイベントとして、来春3月21日に「トモダチチャリティベースボールゲーム」が行われる。同イベントは、各国の大使館などが協力 し、海外へのホームステイなどを通じて、将来の復興を担う子供たちの自立を後押しする被災児童自立支援プロジェクト「Support Our Kid's」の趣旨に元ニューヨークヤンキースの松井秀喜氏と、かつての同僚であるデレク・ジーター氏が賛同したことがきっかけで開催されることとなっ た。野球を通じて日米両国の子供たちの親睦を目指すという目的で野球教室や松井氏とジーターによるホームラン競争なども行われる。

同イベントの趣旨を 説明するべく、松井秀喜氏と読売巨人軍の原監督、同イベントの特別協賛企業、森永製菓の新井社長が外国特派員協会で会見を行った。質疑応答では、巨人軍監督への興味を尋ねる質問に対し、松井氏が苦笑する場面も見られた。

原監督「子どもたちに少しでも希望を持ってもらいたい」


原辰徳氏:(以下、原)読売巨人軍監督の原と申します。私は、この外国人特派員協会で、一度会見がしたいなと常々思っておりました(笑)。今日はこういった形の東北復興支援、「Support Our Kid's」という中で会見ができるということは大変光栄なことだと思っております。

2011 年、皆さんご存知の通り東北で大変な震災が起き、大変な被害に見舞われました。その時に、なんとか我々が出来ることがないだろうかということで、とにかく子供たちに「あなたたちは一人じゃない」と。いろいろな境遇の子供たちがいます。そういう中で、少しでも子供たちがリーダーとなり、社会に旅立っていくと いうことに支援ができないであろうかと。そこからスタートしました。


もう4年近くになりますが、その復興支援も輪もだんだん広がって、こ のような形になっております。この度は、メジャーリーグを代表するデレク・ジーター、そして私も同僚として一緒に野球をやっていた松井秀喜くん。この2人 がですね、この趣旨に大いに賛同してくれて、今回素晴らしいイベントとして、大きな意義ある時間を作ってくれるということに対して大変感謝しております。

森永製菓さんに至ってはですね、「我々がやるよ」ということで手を挙げてくださったことにも大変感謝をしておりますし、もし仮にこの会見を見てですね、「よ し私たちも支援しよう」というような会社あるいは個人の方がたくさんいらっしゃることは、今後大きく子供たちにプラスになると思っています。

私 は今回ジャイアンツの監督という立場ではありますが、野球教室みたいなことも含めて我々のプロ野球人としていいチームをつくって、とにかく子供たちに野球の素晴らしさ、そして我々と接することによって、少しでも「我々でもできるんだ」というような希望というものが芽生えてくれたいいなということで汗を流す覚悟であります。

どうかこのイベントが大成功に終わることを祈願いたしまして、私の挨拶に代えさせていただきます。どうもありがとうございました。

松井秀喜氏「少しでも手助け出来たら」

松井秀喜氏(以下、松井):こんにちわ、松井秀喜です。私もアメリカで12年生活しておりますが、原監督同様英語はあまり得意ではありません。日本語でスピーチさせていただきます。

東日本大震災からまもなく4年が経とうしている中、私もアメリカで生活している時間が長く、なかなか被災された方々をサポートする活動というものはできな かったのですが、この度「Support Our Kid's」という活動を知り、この活動に参加したいという気持ちになりました。

ヤンキースで長年のチームメートであったデレク・ジーターもこのイベントに賛同し、このイベントのために来日してくれるということで、僕も大変うれしく思って いますし、また日本で開催できることを大変楽しみにしております。今回のイベントには「トモダチ」という名前がついております。私自身、ジャイアンツ、そ してメジャーリーグでもたくさんの素晴らしいチームメート、友人が出来ました。

また、アメリカで生活していく中で、日本とはまた違った文化・習慣、もちろん言語も違います。それを経験していく中で、一人の人間として少しは成長していけたかなと思いますし、子どもたちも海外で生活することを経験して、そういう中で成長していってくれたら大変うれしく思っております。

そして、この「Support Our Kid's」がこれからも年々活動として大きくなっていって、充実していくことを願っております。また自分としても3月のイベントで、一人でもたくさんの子供たちに来ていただいて、皆さんに笑顔でまた被災地に戻っていただけるように、少しでも手助け出来たらと思っております。

来年3月21日、東京ドームでお会いできることを心から楽しみにしております。ありがとうございました。

<デレク・ジーターよりビデオメッセージ>
長年の友人である松井秀喜さんに誘われて、「Support Our Kid's」のチャリティイベントのボールゲームのために日本に行けることを楽しみにしております。

今回の記者会見を企画してくださった原さんに心より御礼を申し上げます。また、スポンサーを引き受けてくださった森永製菓株式会社様、協力していただきます読売新聞社様に感謝を申し上げたいと思います。皆様で素晴らしいイベントに盛り上げていきましょう。お会いすることを楽しみにしております。

「メジャーでも『ハイチュウ』が人気」ということでサポートを決めた


森永製菓・新井社長:ご紹介いただきました森永製菓の新井でございます。今日は、この素晴らしい「Support Our Kid's」の活動に協賛することができまして、大変光栄に思っております。

私どもがこのイベントを協賛させていただく背景には大きく二つ理由があります。

一つ目は当然のことながら、このイベントの趣旨に深く感銘を受けたからであります。この悲惨な震災から復興するにあたって、子どもたちを勇気づける。それをスポーツで以って勇気づけるということが如何に素晴らしいことかということを感じているわけです。

同時に私どもも微力ではありますけれども、復興に際してお菓子をお配りしたり、そういう活動を続けてまいりました。このお菓子に出会った時の子どもたちの笑顔。これは正にスポーツを通じて、みんなが笑顔になるのと質が同じようで、我々も子供たちをサポートするという趣旨に大きく感動して、お菓子もスポーツも一緒に勇気づけられるということで、ここに賛同させていただいたわけでございます。

もう一つは、私ども製品であります「ハイチュウ」のつながりであります。今回のイベントのきっかけは、ここにいらっしゃる偉大な大リーガーである松井さんとジーターさんの友情だとうかがっております。お聞き及びかもしれませんが、大リーガーの間で私どもの「ハイチュウ」が、今たくさん活躍されていますが日本人選手が外国人選手と仲良くなるための挨拶のグッズとして非常に人気で、メジャーリーガーの間でも「ハイチュウ」を愛用してくださっている方が増えていると聞き及んでおります。

ということで、この偉大な二人の大リーガーが出てくださるイベントをサポートさせていただくのは、私どもをおいて他にないぐらいの気持ちで応援させていただきます。したがって、このイベントが成功裏に終わることを祈念しつつ、今日お忙しい中、ここに来ていただいた総合プロデュースをしてくださる原監督にも感謝を申し上げて私の挨拶とさせていただきます。

あわせて読みたい

「松井秀喜」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。