記事

自公大勝の選挙結果

昨日投開票の衆議院議員選挙は、事前の予想どおり、自公が大勝しました。

とにかくベターな人・党に投票を、と呼び掛けてきましたが、投票率は、これも予想どおり52%台の低さでした。

およそ2人に1人しか投票しない選挙で、これからの日本が動かされていく、ということを、みなさんは、どう考えられるのでしょうか。

選挙結果は、自公で、選挙前の324議席を上回る326議席、野党では、民主が62(前回選挙時は57)から73議席とやや増え、維新が66から45議席と踏みとどまった感じです。

次世代、生活が2議席に減り、野党で躍進したのは共産で10から23議席になりました。

政治状況は、安倍総理のねらいどおり、大きくは変わらず、これで長期安定政権ともいわれています。

アベノミクスの是否を問う、として、選挙中は全く口にしなかった憲法改正を、選挙後には、すぐ語っています。

投票率の低さからも、安倍政権に、すべて白紙委任されたわけでなないことを肝に銘じて、丁寧に進めてほしいと思います。

選択肢を示せなかった野党、特に第一党の民主党の責任は、大きいと思います。

今後への一歩と考える手がかりのひとつは、一強多弱といわれ、小さな野党が乱立していた状態から、選挙を経て、一定の議席をもつ野党が限られてきたこと。

野党間で政策協議をして、巨大与党と対峙してほしいと思います。

また、民主党の女性の衆議院議員が、前回の2012年の選挙で40人から3人に減ってしまっていましたが、今回の選挙で8人に増えたことも、私としては、ちょっとホッとした点です。

ともに政策を作っていた女性議員も国会に戻れた人もいますので、期待したいと思います。

私たち、ひとりひとりが、選挙を、政治を見直すきっかけに、この選挙が、反面教師としてでも、役立ってくれることを願っています。

あわせて読みたい

「総選挙」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。