記事

オンライン英会話は使えるか~低廉さが生むカリキュラムの不備(後編)

前回はオンライン英会話が安くなる仕組みについて説明した。ポイントは1.フィリピンと日本の物価・人件費の違い、2.英語コンプレックスを煽られて登録したのはよいが、その実ほとんど使用していない多くのユーザが存在する、の二つにあると指摘しておいた(ちなみに2の場合、そのほとんどが数ヶ月で退会するのだが、必ずと言ってよいほど、割引と称して「最初の三ヶ月分の入金」を要求されるので、たとえば一月6,000円とすれば18,000円を徴収されてしまう)。

さて、後編では、この「大量入会、大量退会」のシステムが授業にどのように反映されるかについて考えてみたい。

レベルが上がれば上がるほど、対応できなくなる

ちょっとだけやって、すぐにやめてしまうという人間が大量に存在するということは、教える側からすれば、こういった層に対する対応=指導法だけを学んでいればよいことになる。

で、おそらくこれらの層の中心はまさに英語コンプレックスが高く、メディアで英語を煽られているユーザー。授業レベルなら初級、よくても中級程度ということになる。そして、これらの層のためには、ちゃんとしたテキストが用意されている。”Hello.”,”How are you?”,”I’m fine,thank you.”みたいな初歩的なスキット練習だ。教師の方も、これはしょっちゅうやっているので十分に対応が可能。ただし、初級でも終わりの方になると、ちょっとおかしくなることも。これはそこにまで到達せずに退会したユーザーが大量に存在することを暗示させる。このことについては中級やビジネス英会話(これも中級)でも同じだ。いや、こちらのほうが対応が少々おぼつかなくなってくるレベルは早い(ということは、その多くはここまでには到達しない)。ということは、レベルが上がれば上がるほど対応がおぼつかなくなってくるということになる。

自己紹介やテキスト読みでお茶を濁す

現在の僕のレベルはintermediate~advanced(TOEIC800点台程度)といったところ。このレベルになると教材を用意しているところはほとんどなくなる。なので、外部の英文が教材として用いられる。具体的にはBBC、CNN、NHK、VOA、TEDが提供しているサイトの英文がそれだ。で、この場合、教員は原則原文を読んでいない(教材としてリストアップはされているが、時事ネタなので流動的。記事はどんどん変更されるため、いちいちチェックしてはいないのだ)。それゆえ、授業はこれを読むことから始まる。先ず教員の方が内容を理解しなければならないのだ。これが、たとえばNHKの「ニュースで英会話」(HNKのBSニュースの記事がテキストになる)くらいだったら文章が短いのでよいのだが、他のものはこれに比べるとかなり長い。それゆえ、これを読むだけで7~8分は必要になってくる。ところが、授業時間は25分。しかも、教員の多くは授業開始に先立って「週末は何してた?」みたいな雑談から入ってくる。で、放っておくとこれが10分も続いてしまい、ということはテキストについての学習がトータルで10分もないなんてことになってしまう。

また、初めてレッスンを受ける教員の場合、自己紹介を必ずやらされる(これははっきり言って時間の無駄なのだが、とにかくこれで引っ張られる)。これが10分近く。もしこの自己紹介に「週末何してた?」が加われば、あたりまえの話だがテキストに入ることは実質的に不可能だ(しかも、教員は頻繁に入れ替わるので、ヘタすると自己紹介を無限にやらされることになる)。

で、このレベルになると(このレベルでさえも?(>_<))もはやマニュアルは存在しないので、その対応はアドホックなものになってしまっている。つまり、教員が気づいた項目にその都度対応するというパターンになる。いいかえれば、体系立てられた指導法はもはや存在しない。要するにこの程度のレベルでさえもユーザー=受講者はきわめて少なくなってしまっていて、対応法が確立されていないのだ。

文法を教えないのは初心者には致命的

ちなみに初級・中級であっても、そこで指導されるのはスキットと身体的学習のみ。なぜか文法については、ほとんどのオンラインスクールにはカリキュラムが用意されていない。あたりまえの話だが、文法なしで英語を喋るなんてのは、生まれたときから英語圏にいるか、メチャクチャ長い間英語圏で暮らしていない限り不可能。なので、このレベルで学習しても、結局は突っ込んだ会話やリスニングに到達するのは限りなく難しい。そう、要するに「トラベル英会話」のレベル以上の能力を期待することは出来ないのだ(とはいうものの、25分で文法指導はちょっとムリか?)。

「オンライン英会話はまだまだ始まったばかり」、これが僕がレッスンを受講してみて受けた感想だ。現状ではニッチ商売の域を出ていない。

自分でカリキュラムを組み立てられれば問題は無い

だからといって、これが使えないかと言えば、そうでもない。学習の体系立てをユーザーの方がやればいいだけの話なのだから。僕の場合、1.自己紹介や雑談を極力カットしてしまう、2.記事を大急ぎで読む(時間稼ぎ。ただし、アクセントや感情をしっかり入れて。つまりこちら大急ぎで読んでも教師がわかるように周到に練習をしておく。まあ、これはこちら側の学習にもなる)、3.文法的な質問をしない(予備校で英語教師をやっていたこともあるので、文法はあらかた解る)、4.会話に必要な表現や単語はメッセージに打ち込んでもらう、5.定番の教師を決めて専らその教師のレッスンを受ける、6.初めての教師の場合には文の短いNHKの「ニュースで英会話」を指定する、といったような工夫をやっている。ようするに、こちらがカリキュラムを組み立てられることが出来れば、これはこれで安くて便利な英会話なのだ。

英会話教室の革命であることは、間違いない

ただし、オンライン英会話、これからも発展していくだろう。期待したいのはスケールメリットが現れること。ユーザー層がどんどん増え、それに従ってシステムも完備されているというかたちだ。すでにDMMが英会話に乗り出して、現在テレビで大キャンペーン中だが、こういった大手が入ってくると状況は一変するだろう。そして、あまたあるオンライン英会話、そして既存のフェイス・トゥ・フェイスの英会話レッスン(高額)が淘汰されていくのだろう。考えられるのは低廉=オンラインによるサービス、高額=フェイス・トゥ・フェイスの体系立てられたサービスという二極化。つまり「大衆化=一般化」と「高級化=排他化」(バブルはじけた後のスポーツクラブ再編成みたいなものかな?)。まあ、いずれにしても、これがインターネット時代の所産であるということは、間違いない。

オマケ:「英会話をやりたいけれどオンラインはフィリピン人なのでフィリピン訛りが気になる」なんてことを思っている人がいたら、そんな人はそもそも英会話をやる資格が無いと思った方がよいですよ。そういった「訛りレベル」のことにツッコミを入れられるのは相当レベルの高い非人間だけなので。で、英語熟達者の場合、その訛りレベルを自ら修正する力も持ちあわせているはず。

【関連記事】
オンライン英会話は使えるか~レッスンを体験してみた(前編)

あわせて読みたい

「オンライン英会話」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国大使に一喝 河野外相を称賛

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    別荘5億円 外国人が激増する町

    BLOGOS編集部

  3. 3

    N国代表の崎陽軒謝罪 見事な戦略

    かさこ

  4. 4

    なぜ維新は大阪で支持集めるのか

    BLOGOS編集部

  5. 5

    バレてる? ポルノサイト閲覧記録

    島田範正

  6. 6

    埼玉県知事選の流れはほぼ決まり

    早川忠孝

  7. 7

    中国より挑発的な韓国の軍事行動

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    N国「カッコイイ」で支持得たか

    舛添要一

  9. 9

    韓国人識者 日本経済に勝てない

    NEWSポストセブン

  10. 10

    N国・立花孝志氏が崎陽軒に謝罪

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。