記事

太平洋戦争開戦の詔勅は「積極的平和主義」だった

 戦争を思い出す季節が終らないうちに、太平洋戦争開戦の詔勅を紹介しておこう。戦争中は12月8日と各月の8日は「大詔奉戴日」だったから、私たちの年代はこの詔勅を繰り返して学校で聞かされた。今でもかなりの部分を覚えている。徳富蘇峰が原文を書いたと言われる名文だった。しかし内容は平和主義と自衛の強調である。戦争はこのようにして始まるということを、よく覚えておいて欲しい。(原文の片カナはひらがなに、漢字の一部はかな書きにしています)

  詔 書

 天佑を保有し万世一系の皇祚を践める大日本帝国天皇は、あきらかに忠誠勇武なる汝有衆に示す。朕ここ米国及び英国に対して戦いを宣す。朕が陸海将兵は全力を奮って交戦に従事し、朕が百僚有司は励精職務を奉行し、朕が衆庶は、各々その本分を尽し、億兆一心にして国家の総力を挙げて征戦の目的を達成するに遺算なからんことを期せよ。

 そもそも東亜の安定を確保し、以って世界の平和に寄与するは丕顕(ひけん)なる皇祖考、丕承(ひしょう)なる皇考の作述(さくじゅつ)せる遠猷(えんゆう)にして朕が拳々措かざる所。而して列国との交誼を篤くし、万邦共栄の楽しみをともにするは、これまた帝国が常に国交の要義となす所なり。今や不幸にして米英両国と釁端(きんたん)を開くに至る。まことにやむを得ざるものあり。あに朕が志ならんや。

 中華民国政府、さきに帝国の真意を解せず、みだりに事を構えて東亜の平和を攪乱し、遂に帝国をして干戈を執るに至らしめ、ここに四年有余を経たり。幸いに、国民政府更新するあり。帝国はこれと善隣の誼を結び相提携するに至れるも、重慶に残存する政権は米英の庇蔭をたのみて兄弟なお未だ牆に相鬩ぐをあらためず。米英両国は残存政権を支援して、東亜の禍乱を助長し平和の美名に匿れて東洋制覇の非望を逞うせんとす。あまつさえ与国を誘い帝国の周辺に於て武備を増強して我に挑戦し、更に帝国の平和的通商にあらゆる妨害を与え、遂に経済断交を敢てし、帝国の生存に重大なる脅威を加う。

 朕は政府をして事態を平和のうちに回復せしめんとし、隠忍久しきにわたりたるも、彼は毫も交譲の精神なく、いたづらに時局の解決を遷延せしめて、この間かえってますます経済上、軍事上の脅威増大し以って我を屈従せしめんとす。かくの如くにして推移せんか東亜安定に関する帝国積年の努力は、ことごとく水泡に帰し、帝国の存立また正に危殆(きたい)に瀕せり。事既にここに至る、帝国は今や自存自衛のため蹶然起って一切の障礙を破砕するのほかなきなり。

 皇祖皇宗の神霊上(かみ)にあり、朕は汝有衆の忠誠勇武に信倚(しんい)し、祖宗の遺業を恢弘し、すみやかに禍根を芟除(せんじょ)して、東亜永遠の平和を確立し、以って帝国の光栄を保全せんことを期す。 御名御璽  昭和十六年十二月八日

あわせて読みたい

「太平洋戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  8. 8

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

  9. 9

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  10. 10

    NYポストのバイデン記事は陰謀か

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。