記事

自民党の選挙報道圧力/現場の手足縛りかねない/メディア関係者「“表現の自由”守れ」

画像を見る

 自民党が在京テレビ局に、「公平・中立」の名目で街頭インタビューの内容にまで注文を付ける文書を送った問題で、メディア関係者が11日、東京都内で会見し、政治的圧力から「表現の自由」を守るよう訴える緊急メッセージを発表しました。

 発起人は、岸井成格(毎日新聞特別編集委員)、原寿雄(元共同通信編集主幹)、坂本衛(ジャーナリスト)、水島宏明(ジャーナリスト)ら7氏。メッセージは、放送局は政治的な圧力を恐れる自主規制によって議論や政権批判を避けてはならないと指摘。また、「独裁政治をめざす政党」があれば、民主社会の言論機関は中立でなく、これを批判しなければならないと訴えています。政治家に対しても「『錯誤』に満ちた要望書を放送局に送るような愚行は慎み、放送が伝える人びとの声に耳を傾け」るべきだとしています。

 元日本テレビの水島氏は「公平・中立というのは一見もっともだが、すべての意見を放送するのは不可能。現場の手足を縛り、街頭インタビューをやめる、知識人のゲストをやめる、ということになりかねない」と警鐘を鳴らしました。坂本氏は「放送の不偏不党というのは、放送が一つの党の思いのままに動くようではいけない、ということだ」と強調しました。

 出席した田原総一朗氏は自民党文書について「安倍さんにとって大いにマイナスだ」と指摘。一方、発起人に現職テレビジャーナリストが少ないとして、「彼らを取り込むよう努力すべきだ」と要望しました。

あわせて読みたい

「報道の自由」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。