記事

無料キャンペーンなど「価格の歪み」「フリーランチ」は"賢く"利用する

証券投資の世界では、よく「フリーランチはない」などと言われます。これは大体正しい。
しかし、世の中にはミクロで見るといろいろな「価格の歪み」や「フリーランチ」が存在します

例えば、「FX口座開設及び1回以上の取引で5000円のキャッシュバック」のようなものもあり、ただ口座を開設して1回取引するだけで5000円をもらえるのですから、ほぼフリーランチです。
他にも投資信託なら積立キャンペーンであったり、世の中でも様々な無料配布キャンペーンなどもあります。

これらは企業側の大きな視点で見れば顧客獲得のための宣伝活動であったりと合理的なのでしょうが、ミクロの個人から見た場合には大いに有利な場合があります。

このような価格の歪みは是非とも利用したいところですが、注意は必要です。
何でも利用すればいいというものではありません。賢く利用することが大事。

3年前に非効率的なネットアンケートと書いたように、ネットアンケートはアンケートに答えるだけで報酬がもらえるというモノですがまったくもって割に合わない。こういうものは活用しなくて良しでしょう。

他にも、多くの店でポイントを貯めると割引になるようなポイントカードなどを発行していますが、多くの店舗のポイントカードをもっているが結局使うほどにはたまらずに無駄に捨ててしまったという人も結構いるのではないでしょうか。もしくは、ポイントを貯めるために本当はそこまで好きでもないのに利用している人もいませんか。

私はこれが非常に多かったので、今ではメインのものを除いてはあまりポイントを気にしないようにしています。
私が利用している主なポイントなどは、SBI証券の投資信託保有残高に応じてもらえる投信マイレージなどです。バイ&ホールドが基本のインデックス投資においては残高に応じてポイントがもらえるのは非常に相性がいいですし、それなりの金額になります。
一方、利用しない例としては、他の証券会社で実施される「積立開始で500円」のようなものです。わざわざ他の証券会社へ資金移動をして…という手間がもったいないのでやりません。


ポイントやキャンペーンに振り回されるのは、不味いランチを奢ってもらうようなもので、「これなら自分で金払っておいしいランチを食べればよかった」という話かもしれません。


キャンペーンやポイント制度を利用するのはいいのですが、ほどほどに。賢く利用しましょう。

あわせて読みたい

「ポイントカード」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  7. 7

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  8. 8

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  9. 9

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  10. 10

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。