記事

40代独身肉食美魔女誌「DRESS」発行のgift、債務超過で幻冬舎に売却される

幻冬舎が始めた(正確には子会社だが)40代独身美魔女誌「DRESS」、創刊号を読んであまりの気持ち悪さに泣いた話を書いたのは、もう1年半ほど前だ。

なんたって最高顧問・秋元康、名誉会長・松浦勝人(エイベックス)、取締役会長・見城徹(幻冬舎)、取締役副会長・藤田晋(サイバーエージェント)、代表取締役社長・山本由樹(元光文社)という人脈からもわかるような「四半世紀遅れて出てきたバブル女性誌」ぶり。


案の定、創刊以来右肩下がり。編集長はなんとか起死回生を図っていたようだが、結局、貧すれば鈍すで、コラボ商品をやたら持ち上げるだけの苦し紛れ展開。そもそもターゲットもコンセプトも間違ってたんじゃないですかね。

貧すれば鈍すどころか、直近は多少正気を疑うところがある。企画内容もそうだし、最新号2015/1月号の表紙キャッチコピーなんて

「欲しいの! いいよね? 私におねだり!」


――熱にうなされてんのか?

いい年したオッサンがこんなコピー、夜な夜なうんうん唸りながら捻り出してるのかと思うと、気持ち悪いぞ。


こんなウワゴトつぶやきながらブランド品買う40代肉食系独身女なんて、気味悪すぎるだろ。いるわけない。ターゲットミスだ。


ついにgiftは債務超過に陥っていたようで、幻冬舎が他社にバイアウトした。

買ったのは決済代行大手のパス。どうやら自社で新規に始めるEC事業の打ち上げ花火にしたいようだ。


新天地は出版カルチャーなど知らないネット通販関連事業者だ(ネット通販の決済代行)。いろいろ新しい血も入るだろうし、これを奇貨として内容を大幅にリニュアルするのがいいだろう。編集部においては、新天地でぜひ頑張ってもらいたいと思う。

あわせて読みたい

「雑誌」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪意感じたオリラジ中田批判記事

    たかまつなな

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    女性題材にして炎上 触るな危険

    中川 淳一郎

  4. 4

    疑惑の政治家に不逮捕特権が復活

    渡邉裕二

  5. 5

    山下達郎のAIひばり批判は爽快

    常見陽平

  6. 6

    石破氏の根拠ない自衛権論に疑問

    篠田 英朗

  7. 7

    岩井志麻子氏「乳首」発言の裏側

    NEWSポストセブン

  8. 8

    植松聖被告「小指噛みちぎった」

    篠田博之

  9. 9

    小栗旬社長就任へ 現社長認める

    女性自身

  10. 10

    「AI美空ひばり」は腹話術の人形

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。