記事

POLITICOがヨーロッパ版に向け、European Voiceを買収

画像を見る

「POLITICO Europe」を2015年春にローンチすることを9月に発表した、ワシントンをベースにする政治メディアPOLITICO。そのヨーロッパ版を立ち上げるにあたり、POLITICOがEUのニュースを伝える週刊紙とウェブのメディア「European Voice」を買収することがわかりました。

POLITICO Europeは、POLITICOとドイツのメディアグループAxel Springerが共同で立ち上げるPOLITICOのヨーロッパ版。その目標は「ヨーロッパを代表する政治メディアになること」であり、ウェブサイトと週刊紙でニュースを伝える他に、ブリュッセル、パリ、ベルリンなどでイベントやカンファレンスも行っていくといいます。

編集長を務めるのは、Wall Street Journalで国際ニュースを担当してきたMatthew Kaminski(マシュー・カミンスキー)さん。本部はブリュッセルに置き、30人以上のジャーナリストがヨーロッパ各地をカバーすることになります。

European Voiceはよく知られ評価されたプラットフォームであり、POLITICO Europeのスタートを有利にしてくれるでしょう。

Axel SpringerのRalph Büchi(ラルフ・ビュッヒ)さんは、1995年からの歴史を持つEuropean Voiceを買収する理由をそう話します。またPOLITICOは、European Voiceの社長が立ち上げたパリのイベント運営会社「Dii」も買い取ります。イベントやカンファレンスを開いていく上でも、今回の買収はプラスになるのでしょう。

実力者が集まり、すでにヨーロッパで影響力のあるメディアと組んでウェブ、紙、リアルなイベントと多角的なアプローチを行っていく。POLITICO Europeは注目のメディアになりそうです。

画像を見る

(via POLITICO, Capital New York

あわせて読みたい

「POLITICO」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  3. 3

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  4. 4

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  7. 7

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。