記事

偉くなる人が気にしていること

管理職が気にするマナー違反、「渡した名刺をすぐしまう」が最多に(マイナビニュース)

「オフィスでのマナー」では、「渡した名刺をすぐにしまわれた」ことを気にする人が38.3%で最多。「名刺を渡したら、見ずにそのまましまった」(44歳/男性)の他にも、「名刺を片手で受け取られた」(52歳/男性)、「名刺を机の上に置きっぱなしにする」(42歳/女性)などを気にする意見が寄せられている。

 こうした名刺に関する拘りは日本に独特なもののようで、海外勤務の長い私の前の会社での上司は「外人はみんな適当だよ」と述べていました。まぁ日本の影響かどうかは知りませんが韓国辺りは比較的、日本に近い名刺の取り扱いも見られるらしいです。もっとも、日本人のこうした名刺観は極東の神秘とでも言うべきでしょうか、グローバリズムとは無縁な日本のビジネス環境を端的に表わしているようでもあります。

一流のビジネスマンなら覚えておくべき!海外における名刺交換マナー4選 - 名刺のネタ帳

●ステップ4(名刺を受け取った後・・・)
 名刺を「ただの紙」として扱われても、驚かない!

実は欧米の場合、名刺をメモ代わりに使ったり、ぞんざいに扱うことがあります。欧米では名刺というものは、「人物のインフォメーションが書かれた単なる紙片」と思われているからです。

・・・・・

上司イラッ!失礼な年賀状1位は?(R25)

1位は「誤字脱字がある」(26.5%)。久々の手書きだとミスしがちなので、失礼のないよう入念にチェックを。周囲の“先輩世代”に聞いてみると「宛名に『達人様』と書かれていた。私の名前は達仁ですが」(28歳)という憤慨の声が…。

2位は「メッセージが上から目線でおかしい」(26.0%)。ポジティブな気持ちを伝えているつもりでも、受け取った側からすると偉そうに感じてしまう文言があるようだ。

3位は「字が汚い(乱暴な字)」(21.5%)。「読めなくはないが、あからさまな殴り書き。たくさん書いているのはわかるが…」(31歳)と残念がる声が寄せられた。字が下手でも、丁寧に書いていれば不快な印象は与えないはず。大量に書くときほど意識すべし!

4位は「すべて印刷されており、手書きがまったくない」(11.5%)。いくら誤字脱字がなくても、印刷だけでは手抜きに感じてしまうのが人情というもの。一言でよいので、メッセージを自筆で添えよう。

5位は「友人に送るようなカジュアルなデザイン」(10.0%)。変わったデザインで周りを楽しませよう…と企むクリエイティブな人もいるだろうが、型破りすぎる年賀状を上司に送るのは微妙。取材では「干支の着ぐるみを彼女と一緒に着た写真を送られた」(32歳)という声が…。

 冒頭で引用した記事に出てくる「管理職」は専ら40代以上ですが、こちらでは20代から30代の「上司」の声が紹介されています。私のように万年平社員どころか正規雇用にすら手が届かない下っ端からすれば「それがどうした」としか言い様がないのですけれど、私より年下であるにも関わらず既に「上司」として部下を持つほど社会的に成功した人々からすれば、色々と気になるものがあるようです。

 ここで管理職なり上司達の心の狭さや器の小ささを嘆いていても良いのですが、より建設的になるためには実際に会社で出世している人々から学ぶことにしましょう。現場の業務を動かす「部下」から見れば全くの役立たずでも、会社で人事権を持っている人の観点からは昇進に相応しい立派な人物である、そんなケースは少なくありません。会社の偉い人に評価されたからこそ地位を得ている人が何を気にしているか、それを理解することは自身の出世を望む上では不可欠と言えます。

 まずはグローバリズムなど糞食らえで、日本のローカルな習俗を大切にすること、冒頭で挙げられているような名刺の扱い方など、日本独自の奇習であろうと委細構わず細かいことまで気にすることです。そして年賀状でも(履歴書でもそうですが)手書きに拘ったり、枝葉末節に渡ってミスがないか重箱の隅を突いたりと、こうしたセンスの持ち主になりましょう。現に出世している人すなわち会社で評価されている人の振る舞いを真似れば、同僚や部下からは疎まれるかも知れませんが上からの覚えは悪くないはずです。

 無能な人間が高い地位に就いていると言うことは、その会社が無能な人間を高く査定していることを意味します。能力が低いからこそ出世できる、昇進できるような組織も実は少なくないのではないでしょうか。例えば日本の一流家電メーカーでもマイナスイオンだのプラズマクラスターだのとハッタリ商品を盛んに売り出している、あるいは大手食品メーカーでもトンデモ理論に阿ったいかがわしい健康食品を売りさばいているわけです。たぶん、似非科学のカラクリを見抜けるような人は出世できない、逆に似非科学の宣伝に抵抗を感じないだけの愚鈍さや知への不誠実さがあってこそ偉くなれる、そんな仕組みができあがっているのだと思います。

 新聞各紙でも論説委員とか高い地位に就いている人は総じて病院で頭を診てもらった方が良いのではないかと感じるレベルの妄論を連発していたりしますが、それもまた社内で評価されてきた結果だということを忘れてはいけません。なぜ馬鹿なのに出世しているのか――そう疑問に感じるとしたら、たぶん間違っているのでしょう。むしろ馬鹿だからこそ出世したのだと、そう考えた方が辻褄が合います。現実に昇進を重ねて地位を得ている人を見れば、時には愚かさや狭量さも肯定的に評価されるのだなと確信できるところです。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  7. 7

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

  8. 8

    東京都で新たに4166人の感染確認 過去最多 重症者は3人増の115人

    ABEMA TIMES

    08月04日 17:04

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    五輪マラソンで札幌は再び医療崩壊の危機

    田中龍作

    08月04日 19:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。