記事

【速報】イギリス16歳で投票 来年にも

各紙伝えてますね。イギリス労働党の党首エド・ミリバンドが生討論番組で、2016年の5月の選挙から16歳・17歳でも選挙の投票を許可することを確約しました。BBCによると、2016年の自治体の選挙とロンドン市長の選挙から参政権を拡大する法案を提出する予定とのことで、2016年のスコットランドの国政選挙も同様に扱うようです。スコットランドの住民投票に続きましたね。以下の動画でもはっきり述べてるのがわかります。



さあこれは面白くなってきました。イギリスではVoteat16という団体が、長年、選挙権年齢を18歳から16歳への引き下げ運動をしてきました。またヨーロッパの他の国でも、オーストリアでは国政および地方選挙での選挙権の16歳への引き下げを実施、ノルウェー、ドイツでも特定の州および市町村選挙で選挙権の16歳への引き下げを実施(ノルウェーはトライアルで)しており、またヨーロッパの若者の意見を集約し代弁するために欧州若者フォーラム(European Youth Forum)も、引き下げのキャンペーンを実施しています。スウェーデンでは、2004年から2006年にNGO団体のセーブザチルドレンが選挙権および被選挙権の16歳引き下げに関する報告書を作成、キャンペーンを展開したようですが、地方選挙権の16歳の引き下げの動きは自治体ごとにあるが、まだ採用には至ってないようです。日本では先日、選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる法案で合意がとれました。いきなりさらに下げろとは言えませんが、16歳への引き下げが同じ地球上ですでに起きてることは頭に入れておきたいですね。

リンク先を見る 18歳が政治を変える! — ユース・デモクラシーとポリティカル・リテラシーの構築
posted with ヨメレバ
高橋 亮平
現代人文社
2008-10-30
Amazon Kindle 楽天ブックス 7net

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  10. 10

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。