記事

【速報】イギリス16歳で投票 来年にも

各紙伝えてますね。イギリス労働党の党首エド・ミリバンドが生討論番組で、2016年の5月の選挙から16歳・17歳でも選挙の投票を許可することを確約しました。BBCによると、2016年の自治体の選挙とロンドン市長の選挙から参政権を拡大する法案を提出する予定とのことで、2016年のスコットランドの国政選挙も同様に扱うようです。スコットランドの住民投票に続きましたね。以下の動画でもはっきり述べてるのがわかります。



さあこれは面白くなってきました。イギリスではVoteat16という団体が、長年、選挙権年齢を18歳から16歳への引き下げ運動をしてきました。またヨーロッパの他の国でも、オーストリアでは国政および地方選挙での選挙権の16歳への引き下げを実施、ノルウェー、ドイツでも特定の州および市町村選挙で選挙権の16歳への引き下げを実施(ノルウェーはトライアルで)しており、またヨーロッパの若者の意見を集約し代弁するために欧州若者フォーラム(European Youth Forum)も、引き下げのキャンペーンを実施しています。スウェーデンでは、2004年から2006年にNGO団体のセーブザチルドレンが選挙権および被選挙権の16歳引き下げに関する報告書を作成、キャンペーンを展開したようですが、地方選挙権の16歳の引き下げの動きは自治体ごとにあるが、まだ採用には至ってないようです。日本では先日、選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる法案で合意がとれました。いきなりさらに下げろとは言えませんが、16歳への引き下げが同じ地球上ですでに起きてることは頭に入れておきたいですね。

リンク先を見る 18歳が政治を変える! — ユース・デモクラシーとポリティカル・リテラシーの構築
posted with ヨメレバ
高橋 亮平
現代人文社
2008-10-30
Amazon Kindle 楽天ブックス 7net

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  5. 5

    日本が何度沖縄を踏みにじったか

    Chikirin

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ウォール街の期待はバイデン勝利

    WEDGE Infinity

  8. 8

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    自民に必要な中曽根氏の外交感覚

    山内康一

  10. 10

    甘利氏の傲慢対応 菅自民を危惧

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。