記事

中国の11月の輸出・輸入は予想を大幅に下回った 最も舵取りの難しい局面に来た中国経済

中国の11月の輸出は予想+8.0%に対し、+4.7%にとどまりました。一方輸入は予想+3.8%に対し-6.7%という結果でした。

リンク先を見る

リンク先を見る

最近、原油価格をはじめとしてコモディティ価格に下落プレッシャーが働いていますが、今回の輸入の数字はボリューム・ベースで見ても輸入が低迷していることを感じさせる数字でした。

上海総合指数は「これで追加利下げが期待できる」として急伸していますが、それは少々馬鹿げた買い理由だと思います。

11月21日に発表された利下げでは、1年物貸出基準金利が0.40%引き下げられ、5.6%になりました。

これは、あくまでも一回限りで打ち止めというシナリオ下でのみ好感されるべきであり、中国の投資家が期待しているような、矢継ぎ早に中国人民銀行が利下げするシナリオとは、すなわちソフトランディングの失敗を意味します。

リンク先を見る

そのシナリオでは中国人民銀行が後手に回ってしまったと市場は受け取るでしょう。

歴史的に、資産バブルが起きたとき、中央銀行がそれを軟着陸させようとして成功した例は稀です。

殆どは日本の1990年のバブル崩壊、アメリカのサブプライム・バブル崩壊のように軟着陸に失敗しました。

中国の場合、それらの前例とちがって、じっくり長い時間をかけながら、ゆるり、ゆるりとガス抜きをしています。

だからそれが成功する可能性も高いと思うのです。

ただ中国人民銀行が今後再び利下げし、1年物貸出基準金利が2010年の頃の水準、すなわち5.3%を割り込むと、それはこれまでとは一線を画する展開だと市場関係者は受け止め、緊張が高まると思うのです。

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  6. 6

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  7. 7

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  8. 8

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  9. 9

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  10. 10

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。