記事

中国の11月の輸出・輸入は予想を大幅に下回った 最も舵取りの難しい局面に来た中国経済

中国の11月の輸出は予想+8.0%に対し、+4.7%にとどまりました。一方輸入は予想+3.8%に対し-6.7%という結果でした。

リンク先を見る

リンク先を見る

最近、原油価格をはじめとしてコモディティ価格に下落プレッシャーが働いていますが、今回の輸入の数字はボリューム・ベースで見ても輸入が低迷していることを感じさせる数字でした。

上海総合指数は「これで追加利下げが期待できる」として急伸していますが、それは少々馬鹿げた買い理由だと思います。

11月21日に発表された利下げでは、1年物貸出基準金利が0.40%引き下げられ、5.6%になりました。

これは、あくまでも一回限りで打ち止めというシナリオ下でのみ好感されるべきであり、中国の投資家が期待しているような、矢継ぎ早に中国人民銀行が利下げするシナリオとは、すなわちソフトランディングの失敗を意味します。

リンク先を見る

そのシナリオでは中国人民銀行が後手に回ってしまったと市場は受け取るでしょう。

歴史的に、資産バブルが起きたとき、中央銀行がそれを軟着陸させようとして成功した例は稀です。

殆どは日本の1990年のバブル崩壊、アメリカのサブプライム・バブル崩壊のように軟着陸に失敗しました。

中国の場合、それらの前例とちがって、じっくり長い時間をかけながら、ゆるり、ゆるりとガス抜きをしています。

だからそれが成功する可能性も高いと思うのです。

ただ中国人民銀行が今後再び利下げし、1年物貸出基準金利が2010年の頃の水準、すなわち5.3%を割り込むと、それはこれまでとは一線を画する展開だと市場関係者は受け止め、緊張が高まると思うのです。

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

  3. 3

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  4. 4

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  6. 6

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  7. 7

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    感染拡大の深刻さを認めぬ菅首相

    おくの総一郎

  9. 9

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

  10. 10

    14歳以下のコロナ感染が増える仏

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。