記事

なぜ、いつも厚生年金・国民年金だけが、リスクにさらされるのか?

 またまた、自民党政権で、厚生年金と国民年金が、リスクにさらされようとしています。

 今年1月、安倍総理は、スイスのダボス会議で、年金積立金を「成長への投資に貢献する」と演説をしました。そして、今回の解散の直前に、厚生年金・国民年金の積立金130兆円が、成長戦略との美名の下、半分をも株に投資することが決まって、運用が開始されてしまいました。株投資は従来の倍増となりました。

仮に年金加入者の代表者が議論して、株投資を慎重に積み増しするというのなら理解できなくはありませんが、成長戦略を議論する会議や、ベンチャー企業振興を議論する会議で、年金積立金の運用が議論されている、という年金加入者の利益を第一優先するとは思えない議論の仕方です。株価を維持するため、年金積立金が利用されている、と思われても仕方のないような決め方です。

一方で、国家公務員の年金積立金は、ほとんどが国債で運用され、株にはわずか16%の投資です。なぜ、国家公務員の年金だけは安全第一なのか。

かつて、自民党政権下で、厚生年金・国民年金を使って、グリーンピアという天下り団体の職員が働くリゾート施設を乱造してしまい、巨額の損失を出してしまいました。しかし、国家公務員の年金は、グリーンピアには使われず、無傷でした。消えた年金問題も、厚生年金・国民年金の記録が消え、国家公務員の年金はほとんど消えていません。いつも、自民党政権で、リスクにさらされるのは、厚生年金・国民年金です。

米国では公的年金積立金200兆円以上は、全額非市場性の債権と同等の運用がなされています。株には投じられていません。クリントン政権下で、株に投じられようとしましたが、政治に影響を受けすぎてしまう、と国会で反対論が出て、株には投じられませんでした。

「年金積立金半分も株投資」「消えた年金」「グリーンピア」をはじめ、年金をリスクにさらす自民党政権に歯止めをかける力をお与えください。

あわせて読みたい

「GPIF」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  5. 5

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  6. 6

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

  7. 7

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  8. 8

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  9. 9

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  10. 10

    松茸絶滅危惧 原因は森林の再生

    田中淳夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。