記事

田母神俊雄氏の不倫報道に対する本人の見解について

田母神俊雄氏が妻と離婚手続中に別の女性と交際しているという点がフライデーにより報じられ、田母神俊雄氏がサイト上で「フライデーの記事を読んで」という見解を表明している。

田母神氏を支持するものでは全くないが、選挙中に個人のプライバシーに属する事柄をことさらに公にするゴシップジャーナリズムには強く憤りを覚える。

確かに公人たるもの、私生活に立ち至って清潔であるべきという考え方はあり得るが、夫婦間のことはいろいろあって当然で、離婚したいと考えることが当然に悪いわけではないし、離婚を決意した段階で離婚が成立していない段階でも、別の人と交際することはあり得るわけだ。

それ以上に、妻に対して酷いことをしているかどうかは分からないので、そのようなプライバシーを公にするのには、より一層の慎重さが必要なはずだ。

それはともかく、田母神氏が自ら語るような経過で、法律婚が続いている間に他の人とカップルとなること、交際することが是認されるとすると、それは妻の側が同様の立場に立つことも当然是認されるべきことになる。

現行民法は、有責離婚主義ではなく破綻主義を採用し、婚姻を継続しがたい重大な事由があれば、裁判により一方的な申立てで、他方の同意なく離婚することができる。このことは、確かに家族を解体し、破壊することという評価も可能だし、子供が小さいうちはそれなりに不幸を招く。

しかし、やはり夫婦の間のことであるから、結婚生活の中で相容れないという事態に至ることは起こるわけだ。田母神氏が挙げているような、配偶者の親戚を蔑ろにするというような態度も、それが破綻の原因なのか、それとも破綻の結果なのかという問題もあるが、ともあれ破綻を示す事態である。

家族が幸せに一緒に暮らせることは、たしかに望ましい。なるべくそうなるように、努力も必要だ。

しかし、破綻した夫婦が、それを我慢して夫婦生活を続けなければならないということはないのである。そしてそのことを堂々と表明した田母神氏は、同様の境遇にある女性たちの離婚も支持するべきであろう。

あわせて読みたい

「田母神俊雄」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  2. 2

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  3. 3

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  4. 4

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  5. 5

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  6. 6

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  7. 7

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  8. 8

    歴史問題持ち出し言いたい放題の中国 反論できない日本政府

    NEWSポストセブン

    04月12日 09:36

  9. 9

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  10. 10

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。