記事

成田空港・LCC専用ターミナルへの期待

訪日外国人旅客者が、年末には1200万人を超える見通しです。
2003年、小泉純一郎元首相が「ビジット・ジャパン」キャンペーンを立ち上げた当時、訪日外国人旅行者数は523万1000人だったことを考えると、その数は3倍以上、順調に伸びているといえます。

問題は、これから先です。
政府は、五輪が開かれる2020年に年間2000万人を目標としていますが、それには、これまで以上の努力が必要なことはいうまでもありませんね。

現在、訪日客の半分以上は、台湾や韓国、中国からの旅行者です。
このほか、タイやインドネシア、マレーシアからの旅行者も多くいます。
アジアからの旅行者が増えたのは、円高是正による割安感の浸透のほか、ASEAN諸国に対するビザ所得要件の緩和などがありますが、所得増で海外旅行熱が高まっているのは間違いありません。

訪日外国人の目的はといえば、日本の四季や温泉、買い物です。
観光庁の平成25年年次報告書によると、訪日外国人の旅行支出額は、平均136、693円と推定されるそうですから、日本に落とすお金の額は決して小さくないわけですね。

こうしたアジアからの旅行者の取り込みには、中間層がターゲットのLCC航空会社の日本就航がカギを握ります。
同時に大切なのが、LCC専用ターミナルの整備ですよね。

LCCの利用者は、サービスよりも価格を重視します。
20代の若い旅行者や30代のファミリー層が好むのは、どんな店舗か。
早朝や夜遅い便で発つLCC利用客に待ち時間をどのように過ごしてもらうか。
つまり、LCC利用客の目線に立って、従来型の旅客ターミナルとは異なる発想で、
使い勝手のよいターミナルをつくらなければいけません。

2015年4月、成田第2旅客ターミナルブルの北側に、LCC専用の第3旅客ターミナルがオープンします。
入居するLCCは、ジェットスター・ジャパン、バニラエア、春秋航空日本の3社で、ほかに、ジェットスター航空、エア釜山、セブパシフィック、エアアジアXなどの海外LCCが乗り入れる計画です。

LCC利用者にとって、何よりありがたいのは、本館2階の一般エリアが24時間、休憩スペースとして利用できることでしょうな。
LCCは深夜から早朝時間帯の便が多く、24時間利用できる休憩スペースを求める声があがっていました。
また、400席のフードコートには、外国人旅行者に人気の寿司店、お好み焼き店、讃岐うどん店などが出店します。

第3旅客ターミナルには、ボーディングブリッジは設置せず、建設コストを最小限に抑える計画です。
それによって、施設使用料が安くすめば、LCC旅行客は嬉しいはずです。
羽田空港をライバル視しつつ、成田空港は変わりつつあります。
そのチャレンジが、訪日外国人旅行者2000万人につながるかどうか。
期待したいところですよね。

あわせて読みたい

「外国人観光客」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。