記事

ディストピアとしてのアメリカ像 『教科書に載ってないUSA語録』 (町山智浩 著)

解説 小西 克哉 Katsuya Konishi|ジャーナリスト・キャスター

画像を見る
『教科書に載ってないUSA語録』 (町山智浩 著)

「愛とエロの伝道師」。町山智浩さんはそう呼ばれていた。時には「愛と平和を語るエロ・キング牧師」というのもあった。いずれにしても愛とエロは欠かせない町山さんへの枕詞だった。映画評論家・町山智浩ファンには申し訳ないが、彼一流の熱弁と説得力に、師という言葉は相応しい。本人は嫌だったかもしれないけど。

 町山さんとはTBSラジオ「ストリーム」という番組で仕事をさせてもらった。「コラムの花道」(後に同名で出版された)というコーナーで毎週火曜日、他の日本メディアでは取り上げられないレアなアメリカ情報を伝えてもらった。回を重ねるに連れて伝道師町山さんは映画のみならず、アメリカの政治・社会そのものを広範に語る回が増えた。アメリカ映画をその背景から語ることは必須だろうが、イラク戦争直後ということもあって時代そのものが時局的コメンタリーを必要としていた。その後何冊もコラム集を上梓されたが、それらは大抵読ませていただいている。みんな間違いなく面白い。「ストリーム」時代の町山節が、懐かしい。

 ラジオの町山さんは、吠える。手際よくディテールを積み重ねておいて、ここぞというタイミングでパンチを繰り出す、真似の出来ない言わば「キレ芸」だ。そのパンチの部分は本書のコラムでは、オチになっている。町山コラムの特徴の一つだ。ほぼ毎回、オチで締めるというオチの病。読者もオチオチしていられない。

 例えば、クリント・イーストウッドの渋い作品を論じた最後に、「66歳で35歳年下の現夫人を妊娠させたnever too oldなマグナムなのだ」(p.72)とか。私には年収240万円の庶民のフリはできないのと開き直る女優グウィネス・パルトロウには、「女優だろ、演じろよ!」(p.397)。また、インターネットに世間を怒らせる書き込みをして喜ぶ輩のことをTrollと呼ぶが、「ま、日本にも石原慎太郎という特大トロールがいるけどね」(p.217)と、相変わらず毒は健在だ。他にもオヤジギャグあり(フータリーのため世界はあるの:武装民兵組織Hutaree Militiaの話)、自虐オチあり(私も一家の主人として調教されてだいぶ家事ができるようになりました!:人妻向け調教大好きポルノ「グレイの50の陰」の話)、そのサービス精神には脱帽させられる。

 虫の目と鳥の目という表現があるが、町山コラム2つ目の特徴は、このミクロとマクロの目を自在に往復することだ。例えば司法ニュース。日本ではマイナーだし、海外の法曹界情報はもっとマイナーだ。特派員ならベタ記事扱いだろう。アメリカの連邦最高裁判事は上院が審議したうえで承認される。オバマが指名したユダヤ系エレナ・ケイガン氏にたいする保守派議員の巧妙なユダヤ人攻撃に町山氏は注目する。彼女の絶妙な切り返しの解説は本文に詳しいが、アメリカ政治が息の詰まる言葉の対決によって展開する瞬間を見事に切り取っている。因みに連邦最高裁判事承認公聴会はパパ・ブッシュの時代にクラレンス・トーマス(現)判事に部下に対するセクハラがあったとか、なかったとか、果ては陰毛がどうしたこうしたなどと、最高裁の品位として如何なものかとも思える、juicyな議論があった。要注目の分野ですね。無味乾燥な人事案件という鳥の目から、虫の目に降りる。特派員系には難しい技だ。

 逆もある。虫の目から鳥の目だ。バットマンの新作「ダークナイト ライジング」を紹介するが、文豪ディケンズの「二都物語」を下敷きにしているという監督の言葉からフランス革命、「ウォール街を占拠せよ」運動へと展開する。1ドルを出せという銀行強盗の事件からは、医療保険改革の話。難病を抱える犯人には医療保険がないので、刑務所に入れば治療を受けられるとして犯行に及んだのだ。そう言えば80年代、ホームレスが社会問題として登場した時も軽犯罪を犯してムショでタダ飯にありつく人のニュースがあった。そしてTroll(前出)の話題からは宗教の話。ネット上の愉快犯もアメリカでは宗教絡みの人がいて、3・11の後、震災は天罰などと書き込んで炎上したニュース。地震や津波が神の裁きだと発言するいわゆる聖書原理主義者の人たちだ。本書で最多登場回数を誇る(?)サラ・ペイリン女史も同様の福音派原理主義者で、町山ワールドには欠かせないサンドバッグになっている。

 いずれにしても格差や医療保険制度や、宗教原理主義の本質を、虫の目から導入していく手法は「ストリーム」時代から変わっていない。町山さんは今もTBSラジオでこれを実践されていると思う。僕も実は、同局の別番組でアメリカ情報を紹介する際には極力肝に銘じていることだ。町山さんは以前、ウォール・ストリート・ジャーナルよりタブロイド紙を読み、CNNより「コメディ・セントラル」の冗談ニュースで政治経済を知ったと書いていた。CNNもメジャーになったなあ。僕がテレビ朝日で毎日CNNニュースを伝えていた頃は逆にCNNがアメリカの皮膚感覚を伝えていた。もちろん僕たちの番組がCNNの24時間ニュースを取捨選択していたのだが。80年代、90年代のおバカなニュースや、ディープでニッチな話題を毎日のように取り上げたので、アメリカの某有力紙からはかなり意地悪な記事も書かれた。ナンタって公共の電波媒体だからね。一旦新聞が取り上げると、主要ネットワークの東京特派員が追随して僕たちの番組を取材しに来た。どこの国もテレビ屋は同じだね。そしてアメリカの決して誇れない部分を何でそんなに取り上げるんだと「意地悪な番組」のことを意地悪に伝えていた、と記憶している。でも、もともとCNNがアメリカ向けに伝えている話でしょ。CNNに言えよ!(あ、町山節が感染った。)自国で異国を知ることは異文化体験。だが、異国で自国を知ることも異文化体験なのだということをこの外国特派員の例で知らされた。町山コラムの数々がテレビになったら日米関係は大荒れになること必至だ。最初のクレームは外務省からかな。ま、ならないだろうけど。

 評論家川本三郎氏は、町山さんの好きな映画には特色があり、暴力、死、恐怖、不安、孤独、疎外…といった人間の精神の暗部を描く、と指摘されているが、同様のことは町山コラムの取り上げるアメリカ像についても言える。それは我々の世代が往々にして抱いていた憧憬の場所としてではなく、あらゆる事象が過剰に生起するdystopiaであり、それは本人の生活空間の断層でもある。「悩めるアメリカ」は戦前から、日本人知識層にあるアメリカ像だが、町山さんにとってのアメリカはこの様な観念論ではなく、痛いほど現実的な実像である。勿論pop cultureにはやはり惹かれずにはいられないだろうけど。

一蹴されそうだ。

 でも、やはり町山さんの描くアメリカ像(自分のことしか考えないカニどうしが互いに足を引っ張り合いどれもバケツから這い上がれないアメリカ「カニバケツ」説)が説得力を増しているように思える。そしてそれはブッシュからオバマに代わった今でも、変わらない。

追記

「英語本市場」には、ことばからみたアメリカ論という分野がある。多くは語学力がある文学者や翻訳家、通訳者たちによるものだ。中でも私の印象に強く残っているのが、國弘正雄著『現代アメリカ英語』(サイマル出版会)という本。國弘先生の大学での授業に潜り込んでいたこともあった。映画評論家町山智浩さんの本書はこのジャンルでも数多ある中、異彩を放つ秀作だと思う。映画を映像言語という文法で分析できるのは評論家としての必要条件だが、外国映画を原語のもつ襞まで腑分けできる能力はこの国の評論では稀有のものではないか。是非大学の「グローバル・スタディーズ」(何を指すかは不明)でも教科書にしてはいかが。

リンク先を見る 教科書に載ってないUSA語録
町山智浩・著

定価:本体730円+税 発売日:2014年11月07日
詳しい内容はこちら

あわせて読みたい

「書評」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  2. 2

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  3. 3

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  4. 4

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    ジョンソン英首相の心に響く手紙

    青山まさゆき

  6. 6

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  7. 7

    英首相の容態安定 肺炎診断なし

    ロイター

  8. 8

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  9. 9

    医療崩壊防ぐには軽症者解放せよ

    小林よしのり

  10. 10

    「戦後最大の危機」安倍首相会見

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。