記事

自民党は「官の論理」に対する「民の論理」を

今朝の朝日新聞の社説に、埼玉県朝霞市での国家公務員宿舎の建設について、以下のように書いてある。
「大震災があっても、『決まったことだから』と何ごともなかったかのように巨費を投じて計画を進める。億単位の違約金を払ってでも建設を取りやめ、残りのお金を復興費用にあてるべきだとは考えない。
その揚げ句、新築と売却の差額の話を持ち出して、復興に貢献していると胸を張る。事業仕分けでの『原則として賃貸に』という指摘など知らん顔だ。およそ、『民の視点』は、どこにもない。」
正しい指摘である。

問題は、おととしの事業仕分けで凍結された同宿舎の建設着工を昨年末,財務相だった野田首相が許可したことである。3・11東日本大震災があっても「決まったことだから」と計画を進め、首相になってからも、先週の国会で「変更するつもりはない」と明言し、着工を容認したことである。

肝心なことは、民意が、野田民主党政権の「増税ありき」は、財務省の論理そのものであり、おかしいと感じ出したことである。

、もしも与野党協議に臨む場合でも、自民党は「官の論理」に対峙する「民の論理」を持って臨むべきである。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  5. 5

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    河野大臣 コロナ重症化率を解説

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。