記事

「教師は天職。でも続けられるかわからない」 教師にとっての「ワークライフバランス」とは? - 小川たまか

小川たまか (プレスラボ取締役)

残業代は実質支給されず、土日の出勤も当たり前。「ブラック企業」が声高に糾弾される今日だが、教育現場を支える教師の労働環境改善についてはこれまで触れられることが少なかった。社会は「聖職」という言葉を盾に、教師に対して「滅私奉公」を強いてはいないか。

過酷な労働環境で破たんするワークライフバランス

 最近よく、「ワークライフバランス」という言葉を聞くようになった。内閣府の定義では「仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことという。若いうちはがむしゃらに働いても、家庭を持ったり、年を重ねたりするうちに「生活面にも時間を割きたい」と感じるようになる人は少なくない。ワークライフバランスの提唱には賛否両論があるが、これまで長時間労働が当たり前だった日本社会は確実に変わり始めていると感じる。

 しかし、この「ワークライフバランス」の概念が通用しづらい業界がいくつかある。そのうちの一つが教育界だろう。教員に対して、保護者や生徒は、「子どものためにプライベートの時間を割いて動いてくれる先生はいい先生」という評価をどうしてもしてしまいがちだ。息子の入学式に出席するために自校の入学式を欠席した高校教師が問題になったことは記憶に新しいが、これも教員の「ワークライフバランス」を考えることのむずかしさを示した一例と言える。

 今回は、首都圏の私立高校に勤める30代の女性教師、Aさんへのインタビューから、教員のワークライフバランスについて考えてみたい。

 現在勤務する高校は6年目というAさん。勤務時間は8時30分~16時30分だが、残業や部活動指導、課外授業がある。毎日のように20時、21時頃まで残業し、土曜日曜も校内行事や入学試験問題の作成、準備で出勤することがある。残業代は出ない。

 「教師は天職だと思っています。天職だと思っているんですけれど、やっぱり続けられるかどうかわからない。職場の環境が本当に良くないからです」

 Aさんが言う「職場環境の悪さ」はいくつか理由がある。雑務や研修に追われ、本来の科目指導に時間を割けないこと、一般企業に比べてパワハラやセクハラの意識が低いこと、私学の一部にありがちな、教員を非常勤で長期間雇用し続ける風習。こういった問題の中で、話を聞いていて最も気になったのは教員にとっての「ワークライフバランス」だ。早く帰る先生より、遅くまで残って仕事をする先生の方が「熱心」という印象を持ってしまいがちだが、子どもにとって身近に接する大人が「仕事だけに追われプライベートに時間を割けない人」であって良いのだろうか。

 前年に担任を受け持ったクラスから感謝を込めた色紙をもらったというAさん。丁寧に書き込まれた生徒たちのメッセージからは、Aさんが生徒から慕われていた様子がうかがえる。「生徒のためならどんなに働いても構わない。働ける」。そう話す一方で、Aさんはこう言う。

 「たとえば、世間ではブラック企業と言われる企業の商品を買ったり、その会社が運営する店を利用したくないと思っている人も多いですよね。でも教師に対しては、『こんなに(残業してまで)働いてくれてありがとう』という感覚。そして先生たちもできればその期待に応えたいと思ってしまうんですよね。ワークライフバランスは完全に破たんしていると思いますよ」

教師にインプットの時間はあるのか

 仕事と生活はどちらか一方では成り立たないものだ。平日の夜にリラックスした時間を持てるからこそ、休日にリフレッシュの時間を楽しめるからこそ、仕事に打ち込めるということはある。また、「24時間働けますか?」、そんな根性論は過去のものになりつつある。無理をして長時間働くことで時間あたりのパフォーマンスが悪くなっている側面もあるだろう。

 さらに、より良く仕事をするためには、自分の業種以外を知ることや世の中の変化に敏感でいることも必要だ。余暇の時間に行う読書が大切な閃きを与えてくれることもある。オンとオフの切り替えが必要である一方で、仕事と生活は切り離せないものでもある。

 未来を担う子どもと接し、教育をしていく教員たちにこそ、本来は「自分を磨く」時間が必要なのではないだろうか。それが教育に還元されていくからだ。子どもと身近に接する大人は魅力的な人であってほしい。そのためには自分の家庭を大切にすることも必要だ。

 しかし、これまでに指摘されているように、教育指導以外の雑務を減らし、教員が生徒と向き合う時間をしっかりと取れるシステムを構築することは大事だが、その一方で教員という特殊な職業にはこんな問題もある。

 「教員がどういう姿勢で生徒と向き合っているか、子どもたちはすごく敏感に察します。以前、学年が変わる時期に、あるクラスの担任が独身の男性から子どもが生まれたばかりの既婚男性に代わったことがありました。新しい担任の先生も一生懸命やっていましたが、生徒たちは前の独身の男性の方が良かったようです。『小さな子どものいる先生は、自分たちよりも自分の子どもを優先する人』と思っていたのかもしれません。そのぐらい思春期の子どもは教師をよく見ているし、ナイーブです」

どこまでを親が教えて、どこからを学校が教えるのか

 上記は極端な例かもしれないが、未婚のAさんも「結婚して今の働き方は考えられない。生徒が自分の子どものような存在」と話す。仕事を取るか、家庭を取るか。その選択に迫られてしまう真面目な教員もいる。

 教員はどこまで生徒の成長に責任を持たなければならないのか。どういった接し方が必要なのか。答えがないから難しい。Aさんはこうも言う。

 「社会に出ていくときに『大人の世界は怖くないよ』ということを、きちんと教員が教えたいです。だからこそ、『教員はどんなことをしても(生徒を)見捨てない』という風に生徒に常に思わせておかなければいけない」

 「場合によっては親からも守ってあげるのが仕事。どんな親も基本的には子どもを愛していますが、それが子どもに誤解されていない親の方が少ない。自分の高校生時代を振り返ってもそうではないですか? だからこの時期は特に、教員が『大人ともやっていけるよ』っていうことを教える役割でないといけないと思っています」

 Aさんの言うことはもっともだし、こんな先生に教わることができる生徒は幸せだと思う。しかし同時に、すべての教員が同じ志を持てるわけではないし、それを求めるのも酷だろう。

 小中学校や高等学校だけではなく、保育園や幼稚園でもしばしば議論になるのは、「どこまでを親が教えて、どこからを学校が教えるのか」。その線引きは曖昧だからこそ、教員がどこまで仕事に懸けるべきかが自己判断となってしまう。

 本連載では、現役の教師の方や、教師経験のある方へのインタビューを通して、現在の教育現場が抱える問題点を明らかにし、これからのあり方について考えていきたい。教師にとっても、生徒にとっても好ましい教育の場を目指すことは可能なのだろうか。

■関連記事
「保育園に預けられる子どもはかわいそう」? 子育ては家族の責任か
我が子が体罰にあったら? 親と先生のあるべき関係
お父さんたちの出番を学校へ 学校と地域がWin&Winの関係に
残業代不払い、長時間勤務……ブラックバイトはなくなるか
哲学から問う子育ての本質

あわせて読みたい

「教員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    舛添氏 小泉環境相の発言に懸念

    舛添要一

  3. 3

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  4. 4

    真実知らされぬ韓国国民を心配

    小林よしのり

  5. 5

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  6. 6

    元イクメン議員が進次郎氏に苦言

    AbemaTIMES

  7. 7

    菅長官 国民の「当たり前」重視

    菅義偉

  8. 8

    大田区の海外視察費が1800万円超

    大田区議会議員奈須りえ

  9. 9

    韓国でK-POPファンに売春を強要

    文春オンライン

  10. 10

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。