記事

みんなの党の浅尾代表は何を恐れたのだろうか

素朴な疑問である。

何故みんなの党の浅尾代表はみんなの党を解党することにして、みんなの党に溜まっていた政党交付金等12億円余りを国に返還することを決めたのだろうか。

普通は解党などしないで、敵対する人たちを追い出して自分の勢力を固めることに奔走する。

仮に解党することになっても党の資金はどこかの政治団体に寄付して素直に国に返還するようなことはしない。

少なくとも小沢氏が差配していた自由党はそうしたようだ。

うっかりするとそんなことをすると背任横領になるよ、と私なりに疑問を呈し、警鐘を打ち鳴らしたことがあるが、それにしても今回のみんなの党の解党劇は不思議だ。

ひょっとすると浅尾氏は、普通の政治家と較べるとずいぶん淡泊なのかも知れない。

脂ぎった人なら、どういう名目であろうとその12億余りの金を自分たちの活動資金にするために色々画策するものだ。

主流派と反主流派に分かれて党の運営ができなくなったら、大体は分党する。

分党して党の金を所属議員の数に応じて分配するのが普通のやり方である。

維新の会が分党した時は、そういう方法を取って党の金を分配したようだ。

みんなの党から結いの党が別れた時は、当時の代表である渡辺氏は分党に応じないで、何の手土産も持たせないで党から江田氏らを追い出した。

これも一つの方法である。

相手が愛想を尽かして党から出ていくのを待つ。

まあ、あまり利口なやり方とは言えないが、党の代表に選任されて執行権を確保したら、ある程度は自分の思うがままに振る舞うことが出来る。

しかしみんなの党の浅尾氏は、分党も反対派追い出しも選ばなかった。

ふーん、これは何だろうか、と不思議でならない。

多分、浅尾氏はどこかで大きな間違いを犯してしまったのだろう。

みんなの党を丸ごと民主党に合流させようとして、党内に修復不可能なほどの亀裂を生じさせたのではなかろうか。

筋違いのことをやろうとして大火傷をし、みんなの党の代表の地位を失いかねない窮地に追い込まれたのではないだろうか。

自分が失脚し渡辺氏の復権が見えてきたから、慌てて渡辺氏の復権を阻止するために解党に踏み切ったのではないか、というのが私の推測である。

急いては仕損じる、ということだろう。

少なくとも私が浅尾氏から相談を受けていれば、この段階での解党は勧めない。

少なくとも地方議員の活動の拠点として、みんなの党を残す。

12億もの金は、みんなの党の立て直しのための資金として活用する。

浅尾氏は、淡泊過ぎて、失敗した。

政治家としては未熟だった、ということである。

しかし、未熟だが、人はいいようだ。

政治家として浅尾氏がどの程度大きくなれるのかは分からないが、こういう人が永田町にいてもいい。

私は、そう思っている。

それにしても、今回のみんなの党の解党劇は、永田町の不思議として永遠に残るはずである。

あの12億があれば、もっといい新党が作れたはずだ。

あわせて読みたい

「浅尾慶一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  3. 3

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  4. 4

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  5. 5

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  6. 6

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  7. 7

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

  8. 8

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  9. 9

    自民党内で広がる石破茂氏推す声

    SmartFLASH

  10. 10

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。