記事

真の失業率──2014年10月までのデータによる更新

 

完全失業率によって雇用情勢を判断する場合、不況時に就業意欲を喪失し労働市場から退出する者が発生することで、完全失業率が低下し、雇用情勢の悪化を過小評価することがある。この効果 (就業意欲喪失効果)を補正し、完全失業率とは異なる方法で推計した「真の失業率」を最新のデータを加えて更新した。

リンク先を見る

10月の完全失業率(季節調整値)は3.5%と前月よりも0.1ポイント低下した。真の失業率も3.7%と0.1ポイント低下した。完全失業率は、足許、総じて横ばいであるが、真の失業率の低下は順調であり、完全失業率との乖離幅は0.2ポイントとなった。

 季節調整値でみた雇用指標の動きは一進一退であり、雇用情勢には今だ改善のモメンタムが感じられるものの、先行きの評価は困難である。ハローワークの求人の動向も、やや気がかりである。

 ただし、景気の全般的な動きとしては、このところの足踏み状態が8月で底を打ったようにもみえる。日銀の追加緩和が功を奏せば、先月指摘したように、一人平均給与の(物価上昇を超えない範囲での)緩やかな上昇が、労働需要側のインセンティヴを通じ、雇用改善のモメンタムを維持させる可能性がある。この場合、実質賃金は引き続き減少するが、消費税率引上げの延期によって家計マインドが改善することも考えられる。

 こうした点を踏まえ、現在、雇用の先行きについては、やや楽観的になりつつある。

(物価と給与の推移については、新たな統計の公表を待って再推計し、ここに追記します。)

https://dl.dropboxusercontent.com/u/19538273/nbu_ts.csv

※季節調整の結果ファイル:

https://dl.dropboxusercontent.com/u/19538273/x-12-arima_output.txt

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    女性キャラの献血PR 批判に雑さ

    紙屋高雪

  2. 2

    防衛省に戦闘機調達の能力はない

    清谷信一

  3. 3

    田中康夫氏 脱ダム批判受け反論

    田中康夫

  4. 4

    アマゾン火災 責任の一端は日本

    ビデオニュース・ドットコム

  5. 5

    岡本夏生 わいせつで芸人を提訴

    NEWSポストセブン

  6. 6

    文政権 総選挙で「死に体化」か

    文春オンライン

  7. 7

    説得力を失う「公共事業=悪」論

    吉崎達彦(かんべえ)

  8. 8

    運動会で必死に撮影する親に疑問

    かさこ

  9. 9

    西田敏行 降板に止まぬ惜別の声

    女性自身

  10. 10

    ラグビー敗退 熱はまた4年続くか

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。