記事

森友文書“改ざん”に忖度はあるのか、元財務官僚・大串議員「今の官僚システムは行き過ぎ」

 財務省が森友学園の国有地売却に関する決済文書の改ざんを認めた問題で、政府は12日、14の文書に書き換えがあったと公表した。提出された80ページにわたる報告書の中には、政治家のほか森友学園の教育方針に賛同していたとされる安倍昭恵夫人の名前も記されていた。財務省の職員はなぜ彼らの名前を消す必要があったのか。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    米国ではありえない日本の光景

    MAG2 NEWS

  2. 2

    米が恫喝 安倍首相の面目丸潰れ

    天木直人

  3. 3

    トランプ氏 北朝鮮と「内通」か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    RAD炎上に便乗した人は認識不足

    赤木智弘

  5. 5

    価格崩壊? マンション購入の危険

    MAG2 NEWS

  6. 6

    坂口杏里のストリップ降板が波紋

    女性自身

  7. 7

    田原氏「安倍首相は困難な局面」

    田原総一朗

  8. 8

    さんまがカーナビを使わない理由

    PRESIDENT Online

  9. 9

    加計めぐる愛媛文書に信憑性アリ

    田中龍作

  10. 10

    拉致解決は安倍首相以外でも可能

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。