記事

高校生演説を潰した米国の圧力を見つけた西日本新聞の大殊勲

 きょう11月15日の東京新聞が一面で大スクープを報じた。今年8月の国連軍縮会議で、恒例だった高校生平和大使の演説が見送られるという事件があった。その背後に、やはり米国の圧力があったのだ。その事を示す外務省の公電を、西日本新聞が見つけたというのだ。西日本新聞が外務省に情報公開を求め、外務省が秘密指定を解除した上でその公電を提供したという。 もちろん国名など、肝心なところは黒塗りにされている。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民を馬鹿にした昭恵夫人の一言

    天木直人

  2. 2

    橋下氏「政府許してはならない」

    橋下徹

  3. 3

    よしのり氏 枝野氏の発言は問題

    小林よしのり

  4. 4

    大阪市より慰安婦像を選んだサ市

    長尾敬

  5. 5

    日馬暴行騒動は仁義なき情報戦

    文春オンライン

  6. 6

    小池氏辞任に若者は「やっぱり」

    AbemaTIMES

  7. 7

    麻原彰晃・娘 妹の虐待訴えは嘘

    松本麗華

  8. 8

    前川氏 ネトウヨは教育の失敗

    文春オンライン

  9. 9

    加熱式タバコの増税は時代に逆行

    宮崎タケシ

  10. 10

    希望落選の馬淵氏「私は無所属」

    馬淵 澄夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。