記事

高校生演説を潰した米国の圧力を見つけた西日本新聞の大殊勲

 きょう11月15日の東京新聞が一面で大スクープを報じた。今年8月の国連軍縮会議で、恒例だった高校生平和大使の演説が見送られるという事件があった。その背後に、やはり米国の圧力があったのだ。その事を示す外務省の公電を、西日本新聞が見つけたというのだ。西日本新聞が外務省に情報公開を求め、外務省が秘密指定を解除した上でその公電を提供したという。 もちろん国名など、肝心なところは黒塗りにされている。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    世界称賛 必見の和製ゾンビ映画

    松田健次

  2. 2

    ナンパの聖地 コリドー街に驚き

    内藤忍

  3. 3

    「万引き家族」ストーリーに疑問

    (チェコ好き)

  4. 4

    問題解決能力のない国会に改革を

    玉木雄一郎

  5. 5

    新AppleWatch 物理ボタン廃止か

    フォーブス ジャパン

  6. 6

    「医師に拳銃を持たせて」の真意

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    米国ネット通販の税徴収可能に

    ロイター

  8. 8

    思い出のブロック塀が安全を阻む

    赤木智弘

  9. 9

    検挙も困難 仮想通貨の市場操作

    NewSphere

  10. 10

    オタクの「古参=偉い」に違和感

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。