記事

「生きていれば息子も今ごろ…」甲子園を見守る震災遺族の思い

東日本大震災から7年目の夏。第99回目の全国高等学校野球選手権大会、いわゆる夏の甲子園大会が阪神甲子園球場で開催された。今年は、天候のため、開会式が延期されたが、その開会式を、震災で子どもを失った遺族が見守っていた。宮城県石巻市の大川小学校の3年生、佐藤健太君(享年9)の両親、美広(みつひろ)さん(56)と、とも子さん(54)の二人だ。少年野球をしていた健太君は甲子園を夢見ていた。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「朝日に良識感じた」

    小林よしのり

  2. 2

    眞子さま 結婚のご意思は不変か

    NEWSポストセブン

  3. 3

    安倍首相の評価高まる佐川長官

    NEWSポストセブン

  4. 4

    貴乃花「爆弾告発」で八角退陣も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    日韓選手の絆 政治ショーは終了

    大西宏

  6. 6

    宇野昌磨を称賛 寛容化した日本

    岩田健太郎

  7. 7

    韓国への修学旅行が激減したワケ

    NewSphere

  8. 8

    NPOに持論語る 経産相答弁に感動

    駒崎弘樹

  9. 9

    AV出演強要 19歳少女が落ちた罠

    渡邉裕二

  10. 10

    小平に「獣」発言は失礼だったか

    沢利之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。