記事

<沈黙とイビキが評価>映画「皆さま、ごきげんよう」は訳がわからない

保科省吾[コラムニスト]***オタール・イオセリアーニ監督(81歳)の新作映画『皆さま、ごきげんよう』を見た。日本経済新聞紙上で映画評論家の宇田川幸洋氏が★★★★★を付けていたのが一番の鑑賞動機である。宇田川氏によれば「歴史に常在する暴力性への諷刺の色がこく」出ている映画なのだそうである。面白いかも知れない。映画が始まった。パイプをくわえたまま、ギロチンにかかる貴族。はやす民衆の主婦達。

記事全文を読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    個人タクシー 強まる負の印象

    山本直人

  2. 2

    "家族の死亡時"に急ぐべき手続き

    PRESIDENT Online

  3. 3

    「トヨタ叩き」の意外な狙いとは

    PRESIDENT Online

  4. 4

    なぜ娘のAV出演を認められるのか

    幻冬舎plus

  5. 5

    ジャンパーに潜む生活保護の実態

    メディアゴン

  6. 6

    オバマ夫妻の"新たな船出"を発表

    ローリングストーン日本版

  7. 7

    平昌五輪を政治利用している韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    読めば納得"夫の○○が入らない"

    柴那典

  9. 9

    "遅れたら無料に"民進議員が炎上

    キャリコネニュース

  10. 10

    豊洲土地購入めぐり石原氏に訴状

    THE PAGE

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。