記事

<沈黙とイビキが評価>映画「皆さま、ごきげんよう」は訳がわからない

保科省吾[コラムニスト]***オタール・イオセリアーニ監督(81歳)の新作映画『皆さま、ごきげんよう』を見た。日本経済新聞紙上で映画評論家の宇田川幸洋氏が★★★★★を付けていたのが一番の鑑賞動機である。宇田川氏によれば「歴史に常在する暴力性への諷刺の色がこく」出ている映画なのだそうである。面白いかも知れない。映画が始まった。パイプをくわえたまま、ギロチンにかかる貴族。はやす民衆の主婦達。

記事全文を読む

トピックス

議論豊洲市場と築地市場:「食の安全」に関わるリスクが低いのはどちら?

ランキング

  1. 1

    "尖閣問題"嘘教える教科書の意義

    三田次郎

  2. 2

    森友学園 首相は本当に無関係か

    小林よしのり

  3. 3

    パチンコ業界識者の発言に唖然

    木曽崇

  4. 4

    兄殺害後に見せた"怖い顔"

    高英起

  5. 5

    "戦闘機値下げ"総理は注意すべき

    近藤駿介

  6. 6

    日本の東芝支援 海外から懸念も

    NewSphere

  7. 7

    最も"真実"を伝える報道機関10選

    フォーブス ジャパン

  8. 8

    民進党は天皇を守る大義を貫け

    小林よしのり

  9. 9

    自販機やLED 一斉にサイバー攻撃

    フォーブス ジャパン

  10. 10

    8億円値引国有地 ゴミはまだ存在

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。