タグ

更新:2018年07月07日 14:01

米朝首脳会談

トランプ大統領と金正恩委員長がシンガポールで会談。合意文書に署名を行った。

トランプ氏「正恩氏は日本との対話にオープン」

AP
米朝首脳会談の際に、金委員長が拉致問題をめぐる日本との対話にオープンな姿勢を示していたとトランプ大統領が安倍総理に伝えていたことがわかった。

安倍総理は記者団に対し「やり取りは詳細に申し上げられないが、トランプ大統領に伝えた私の考えは金委員長に明確に伝えて頂いた」と述べ、拉致問題は日本と北朝鮮の直接対話で解決する必要があるという考えを重ねて示したとNHK。

政府関係者の話しでは、この電話会談の際、金委員長が拉致問題をめぐる日本との対話にオープンな姿勢を示していたとトランプ大統領が伝えていたという。

「キム委員長は日本との対話にオープン」トランプ氏伝える - NHK(6月14日)

トランプ大統領が会見 拉致問題を提起

12日に行われた米朝首脳会談のあと、米国のドナルド・トランプ大統領が記者会見を行った。

同氏は会見の冒頭で会談の場となったシンガポールに感謝を述べたあと、「北朝鮮はすばらしい可能性がある国」と語り、朝鮮戦争は間もなく終わると述べた。一方で「当面制裁は続ける」「米軍の数を減らすことは考えていない」とも語った。

また記者からの「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」という記述が文書にないという質問には「妥協はしていない」と答え、北朝鮮の非核化のプロセスは迅速に行われると強調した。

NHKは、日本がかねてから問題視している拉致問題に関しては「日本の安倍総理が重要だと考えている問題だ。文書には入っていないが、この点についても提起した。これから協議を行っていく」と述べたと伝えている。

「日本の拉致問題を取り上げた」トランプ大統領 - NHK(6月12日)
共同声明 完全な非核化など4項目 - NHK(6月12日)

「米朝首脳会談」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。