タグ

更新:2015年02月23日 09:03

トマ・ピケティ

フランス人経済学者。著作である『21世紀の資本』は米国でベストセラーになり、日本でも発売された。

日本の若者へメッセージ

共同通信社
フランス人経済学者、トマ・ピケティによる『21世紀の資本』が米国ベストセラーとなり、日本でも各メディアが特集を組むなど、話題となっている。

日本では12月8日に発売された。

以下、みすず書房HPより
21世紀の資本

経済的格差は長期的にどのように変化してきたのか? 資本の蓄積と分配は何によって決定づけられているのか? 所得の分配と経済成長は、今後どうなるのか? 決定的に重要なこれらの諸問題を、18世紀にまでさかのぼる詳細なデータと、明晰な理論によって解き明かす。格差についての議論に大変革をもたらしつつある、世界的ベストセラー。

「フランスの経済学者トマ・ピケティによる傑作『21世紀の資本』は、本年で、いや、この十年で、最も重要な経済学書になると言っても過言ではない」
ポール・クルーグマン

「タイムリーで重要な本だ」 ジョセフ・スティグリッツ

21世紀の資本
21世紀の資本
posted with amazlet at 14.10.16
トマ・ピケティ
みすず書房
売り上げランキング: 42

「トマ・ピケティ」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。