タグ

更新:2014年04月04日 08:26

舛添要一

2013年の参院選を機に政界を引退していたが、東京都知事選に出馬、大差で当選。

「まさに身の引き締まる思い」

共同通信社
2週間の選挙戦を終え、舛添候補が宇都宮、細川、田母神候補らを押さえて当選した。

舛添氏は勝因として、「ひたすら政策を訴えて、他のどの候補よりも全域をまわり、最もたくさんの有権者の皆さんと会話をしたこと」を挙げた。特に重要視する政策については問われると、「福祉も防災、経済も重要であり、何よりもオリンピック・パラリンピックを成功させるために、政策を着実にやっていきたい」と応えた。

【速報】舛添要一氏の当選確実が報じられる
都知事選の選挙結果について - 本人のエントリ

舛添要一氏は2001年の参院選で自民党から初当選を果たした後、安倍内閣から麻生内閣まで厚生労働大臣を2年間務めた。その後2010年に自民党を離党し、除名処分となるも新党改革の代表となった。

2013年の参院選を機に政界を引退した舛添氏であったが、2014年1月7日に2月に行われる都知事選へ出馬する意向を固めたことを明らかにした。8日には所属している新党改革を離党し無所属での出馬を目指すと発表。14日には会見を開き、正式に出馬を表明した。会見の中で舛添氏は「原発が無くなった時に代替エネルギーをどういうパッケージでやるのかを考えなければならない。」「反原発かどうかで知事を選ぶということには違和感を覚える」などと発言。反原発派候補を批判した。自民党東京都連は舛添氏の推薦を決めたが、党本部としての推薦は行わなかった。

「反原発かどうかで都知事を選ぶことには違和感」舛添要一氏が出馬会見

舛添要一(65)
・元参議院議員
・無所属/新
HPTwitterFacebookBLOGOS
会見映像
・自民
・公明
・脱原発
・医療・福祉
・五輪のためのまちづくり

関連タグ

都知事選2014

「舛添要一」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

意見を書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。