タグ

更新:2014年08月04日 13:17

マレーシア航空機墜落事件

日本時間の7月17日午後10時20分ごろ、マレーシア航空のアムステルダム発クアラルンプール行きのNH17便とみられる航空機が、ウクライナ東部ロシア国境近くで墜落した。乗員15人と乗客280人のあわせて295人全員が死亡したとみられると報じられている。

ロシア軍の越境攻撃を米が非難

AP/アフロ
7月27日、アメリカ政府は「ロシア軍がウクライナに向けて砲撃し、越境攻撃を行っている証拠」として衛星写真を公開した。事故後の20~26日に同様の攻撃が観察できたとしており、アメリカはロシアに対する経済制裁も視野に入れていることを明らかにした。アメリカはこれを根拠に「ロシア軍が親ロシア派に武器を提供している」と警戒感を強めている。

28日現在、飛行機の墜落現場では、現場を制圧している親ロシア派と奪還を狙うウクライナ軍による戦闘が続いており、OECDから派遣された調査団は未だに本格的な調査が行えずにいる。

遺体の身元が初めて判明

26日、事故後オランダに搬送された遺体のうち1体の身元が判明したとオランダ政府が発表した。事故現場で捜索され発見された遺体は、空路で運ばれ、オランダ政府主導で身元判明作業を受けている。まだ見つかっていない遺体が現場に残されていることや損傷の激しい遺体も少なくないことから、作業終了には数ヶ月以上かかる見通しだという。

関連リンク

Mh17 Pax and Crew Manifest - 事故機の乗客者リスト
Петро Порошенко - ポロシェンコ大統領のTwitter
Malaysia Airlines - マレーシア航空のTwitter

「マレーシア航空機墜落事件」に関連する記事一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。