タグ

更新:2015年04月06日 15:01

ドイツ旅客機墜落事故

3月24日、バルセロナ発・デュッセルドルフ行きのジャーマンウイングス機がフランス南東部の山岳地帯に墜落した。日本人2名を含む乗員・乗客150名が死亡した。

副操縦士に「自殺の可能性」

AP/アフロ
3月24日、バルセロナ発・デュッセルドルフ行きのジャーマンウイングス機がフランス南東部の山岳地帯に墜落した。この事故で、日本人2名を含む乗員・乗客150名全員が死亡した。

事故後、フランスの検察は「事故は副操縦士が故意に起こした可能性が高い」と発表。機長がトイレに行っている間に副操縦士が操縦席を占領し、一人で操縦していたことがボイスレコーダーに残された記録から判明しているという。また、副操縦士には通院歴があり、免許取得前に「自殺の可能性がある」との診断が下されていたほか、免許証にも「慢性的な疾患あり」と記載されていたと複数の海外紙が報じている。

死亡した乗客・乗員の捜索活動は難航しており、現在も続けられている。

関連リンク

Germanwings―公式HP

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。