Kenichi Yamanakaの支持一覧

零戦というモノを突き詰めたら、ヒトの問題にたどり着いた 弁護士・清水政彦が「戦争」を書く理由 - 「文春オンライン」編集部

戦後72年。かの戦争体験の声が次第に聞けなくなっている今、証言者たちの“孫世代”の中に、声を拾い、研究を深め、表現をする人たちがいる。 戦争から遠く離れて、今なぜ戦争を書くのか――。 インタビューシリーズ第4回は弁護士で戦史研究家の清水政彦さん。2009年、30歳で著した『零式艦上戦闘機』は、従来語られてきた「零戦神話」を緻密な検証により覆し、話題の書となった。以降、零戦を中心とした航空機研究の視...

文春オンライン

2017年08月18日 17:00

人材の選別に使われる"働き方改革"のウソ

(人事ジャーナリスト 吉田 典史)政府が進める「働き方改革」。だが国に寄せられる「労働相談」の件数は、9年連続で100万件を超え、高止まりの状況にある。企業は「残業時間を減らせ」といいながら、「業務量...

PRESIDENT Online

2017年08月18日 09:15

マックと吉野家に共通する「成功の本質」

東京工業大学特命教授 池上 彰世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」を築き上げたレイ・クロック。公開中の映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』では、彼の自伝『成功はゴミ箱の中に』(プレ...

PRESIDENT Online

2017年08月18日 09:15

日テレ24時間テレビ直前 女性スタッフが「飛び降り搬送」

【24時間テレビ放送直前に事件発生(写真は日本テレビ本社)】 8月8日の午後9時過ぎ。東京・汐留にある日本テレビの前で「ドスン」という鈍い音が響き、周囲から悲鳴が上がった。ほどなくして救急車と消防車、...

NEWSポストセブン

2017年08月18日 07:00

研修が「ある種異様」になる理由 - 朝生容子(キャリアコンサルタント・産業カウンセラー)

2013年にゼリア新薬工業株式会社に入社したAさんが、新入社員研修受講後に自殺。2015年に労働災害と認定されたことが明らかになりました。さらに遺族が同社と研修を請け負った会社、講師を相手取って損害賠...

シェアーズカフェ・オンライン

2017年08月15日 08:36

読売「首相の一日」と朝日「首相動静」を読み比べて分かってしまった“あの人の不在” - プチ鹿島

地味だけど見逃してはいけない新聞の記事といえば、朝刊各紙に載っている首相の1日の記録。「首相動静」(朝日新聞)、「安倍首相の一日」(読売新聞)、「首相日々」(毎日新聞)など、タイトルはちがうが中身は同...

文春オンライン

2017年08月11日 10:00

「自民党はもう一度族議員を育てていく必要がある」と元農水相

【元農林水産大臣・玉澤徳一郎氏(79)】「昔はよかった」──そう言いたいのではない。利権や派閥の論理に彩られた「古い自民党」は、国民の猛批判を浴び、下野を余儀なくされたこともあった。しかしそうした「汚...

NEWSポストセブン

2017年07月16日 07:00

「オモテに出てはいけないおじさん」二階俊博幹事長を“二階語録”で振り返る 昭和の寝業師の「生態」ウォッチング - プチ鹿島

「谷垣氏を待つ人々」というコラムがあった(読売新聞・7月4日)。 昨年7月のサイクリング中の事故で入院中の自民党の谷垣禎一前幹事長。今もリハビリに励み復帰を目指している。記事の締めは、《1強の手綱を引...

文春オンライン

2017年07月14日 08:12

不寛容社会を生きるために必要なこと 「おたがいさま」から遠く離れて - 山本 一郎

さっき電車でハムのように太った高齢女性がハイヒールで足を踏んできて痛かったんですけど、こういうとき人間は寛容であるべきかどうかって永遠の命題だと思うんですよね。騒ぎ立てても無益な気がするし、でも足は痛...

文春オンライン

2017年07月13日 08:35

再販制度が出版業界の首を絞め、アマゾンを急成長させた

【大前氏がアマゾン成長の秘密を解説】 21世紀のグローバル経済は、アメリカで誕生したIT企業が急成長し、世界を席巻している。その中でも新しいビジネスモデルで日本の国内市場でも巨人となったアマゾンについ...

NEWSポストセブン

2017年07月12日 16:00

彼女に求められているのは「国籍」ではなく「血」の証明ではないのか

民進党は終わっていくようだ。蓮舫氏に戸籍を示させ説明させるという判断がどれくらいマイノリティにとって攻撃的で、かつ潜在的な党支持層を離反させるものであるのか、それすらわからない状態なのだろう。www....

日比嘉高

2017年07月12日 08:14

【読書感想】東大卒貧困ワーカー

東大卒貧困ワーカー (新潮新書)作者: 中沢彰吾出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/06/15メディア: 新書この商品を含むブログを見るKindle版もあります。東大卒貧困ワーカー(新潮新書...

fujipon

2017年07月10日 17:16

政治家はヤジと向き合ってナンボである 批判する選挙、批判する政治をもっと

プロレス者であり、ロック小僧である。会場に行くと、思わずヤジを飛ばしてしまう。学生時代から、自分のヤジがプロレス雑誌などに掲載される機会があり。そういえば、UWF系の団体の会場で「いい試合だ!」という...

常見陽平

2017年07月03日 09:14

キレたエリート議員から私たちが学ぶこと - 朝生容子(キャリアコンサルタント・産業カウンセラー)

豊田真由子議員が政策秘書に対する暴言があったと、「週刊新潮」6月29日号で報じられました。車で移動中、運転する政策秘書に対し、後ろから暴言を吐いたり、叩くといった暴行を働いたとのこと。この事件、起こし...

シェアーズカフェ・オンライン

2017年06月28日 08:44

安倍首相の後継者問題に新展開 司法試験諦めた甥が準備か

【安倍首相の後継者問題に新展開】  政治記者の間で長く“取材テーマ”となってきたのが安倍晋三・首相一家の後継者問題である。岸信介、佐藤栄作、安倍晋三と3人の総理大臣を輩出した名門ファミリ...

NEWSポストセブン

2017年06月28日 08:33

教養教育とは何か

『大学ランキング』に教養教育について寄稿した。もう本が出てずいぶん経つから、ブログで公開してもいいだろうと思う。いつもの話ですけど。教養教育とは何か教養教育の目的は第一に「自分自身をマップすること」に...

内田樹

2017年06月08日 17:36

読売と産経は社説でも「政権擁護」を貫く

「新聞の社説はつまらない」。そう断じるのはもったいない。社説は、読み比べることで、ニュースへの深い理解を助けるものだからだ。現在、「加計学園問題」について納得できる社説を書いているのはどの社か。ジャー...

PRESIDENT Online

2017年06月06日 09:15

特区

安倍総理の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」の愛媛県今治市での獣医学部新設について、総理や菅官房長官は旧民主党政権下で「速やかに検討」と前向きに格上げされたと述べ、その検討結果を引き継いだと説明...

野田佳彦

2017年06月05日 14:37

非同期型一夫多妻はキモくて金のないおっさんを増加させる

何やら男性の生涯未婚率が上昇してる記事が2つも連続して上がってきてた。未婚男が割を食う「バツあり男」の再婚事情 | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新...

狐志庵

2017年05月28日 08:26

ヒカキンの長時間労働から考える「ブラック企業」問題 速水健朗×おぐらりゅうじ すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ(左)=1980年生まれ。編集者。速水健朗(右)=1973年生まれ。ライター。 ©杉山秀樹/文藝春秋ヒカキンの長時間労働にブラック企業を思うおぐら 5月10日、厚生労働省が長時間労働や不...

文春オンライン

2017年05月28日 11:00

電車内の痴漢現場と冤罪と私

先日、仕事帰りのラッシュ時に痴漢疑惑現場に居合わせてしまいました。最終的に男性は捕まらず、女性が男性に謝るとともに、男性も女性に対する言動に対して謝る結果となりましたが、なんとも考えさせられる体験でし...

松田 悠介

2017年05月20日 17:03

東大を辞退して九大を選ぶ貧困家庭の事情

■親孝行なローカルに徹した進学と就職家庭の貧困のため、東京や大阪の大学には進めず、地元にとどまることを強いられる子どもたちがいる。親の経済的な負担だけを考えれば、公立小・中・高、そして地元の国公立大に...

PRESIDENT Online

2017年05月07日 11:15

「全身が緑色」解剖医がみた孤独死の最期

格差社会・日本においては、死にすらも格差がある。「死は誰にでも平等に訪れる」とは虚構にすぎない――。『死体格差 解剖台の上の「声なき声」より』(双葉社)の著者で、現役の法医学解剖医である兵庫医科大学の...

PRESIDENT Online

2017年05月19日 08:19

「社畜」が主人公の漫画が増えている理由 現役サラリーマンが読む!仕事漫画

いま「サラリーマン漫画」に地殻変動が起きている。『課長 島耕作』のような出世物語が廃れ、『社畜!修羅コーサク』のような「社畜漫画」が増えているのだ。現役サラリーマンで、『サラリーマン漫画の戦後史』(洋...

PRESIDENT Online

2017年05月16日 09:15

愛媛県が外国人林業研修生?

愛媛県が、今年度から3か年の「林業担い手外国人受入れモデル事業」をスタートさせたことを知った。 具体的にはベトナム人研修生を毎年5名程度招き、林業事業体等に就業できるまでの教育や技能講習等について支援...

田中淳夫

2017年05月15日 10:48

超模範社員が 「夜は別の顔」で懲役30年

■周囲の人の自分評価は「けっこういい加減」捜査が長引いていた重大事件(殺人やレイプ、誘拐事件など)で犯人が逮捕されたとき、ワイドショーではよく“近所の住人”や“職場の同僚”が登場し、マイクに向かって興...

PRESIDENT Online

2017年05月15日 09:15

デキる部下がものすごい高額オファーで引き抜かれそうになった時に読む話

今週のメルマガの前半部の紹介です。先日、一橋大学のある講師のつぶやきが大きな話題となりました。「給料格差ツイート、狙ってやった」 日本捨てる若手学者の危機感要約すると「日本の組織における給与の水準や決...

城繁幸

2017年05月11日 16:30

総理の憲法改正発言

5月3日の憲法記念日には、憲法施行70年という大きな節目を迎えた。改憲、護憲のそれぞれの立場から、例年の如く様々な集会が開かれたが、いつもと違っていたのは「美しい日本の憲法をつくる国民の会」が主催する...

船田元

2017年05月08日 09:47

冤罪は「任意取調べ」で作られる。

愛媛県の今治市で起きた殺人事件で、容疑者として事情を聞かれていた30代の女性が自殺してしまいました。警察の対応が果たして正しかったのかという疑問が出ていますが、テラバヤシは、かなりな高確率で「正しくな...

寺林智栄

2017年05月06日 16:57

【読書感想】書く力 私たちはこうして文章を磨いた

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)作者: 池上彰,竹内政明出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2017/01/13メディア: 新書この商品を含むブログを見るKindle版もありま...

fujipon

2017年01月23日 08:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。