105

日本でも同性婚を認めるべき?

議論

更新:2012年07月23日 18:25

台湾で行われた、女性同士のカップルによるパーティー。台湾ではまだ同性婚は認められていないが、国会で法案が提出されるなど、議論は活発だ。(AP/アフロ)


22日、米メリーランド州で同性カップルの結婚を合法化する法案が可決されました。これで米国ではニューヨーク州やワシントンのほか、約10の州で同性婚が認められることになります。

「アゴラ」に寄せられた、国際文化アナリスト目崎雅昭氏の記事「男と男、女と女が結婚できる社会が意味するもの」の中で、目崎氏は

世界を見ると、同性結婚が合法化されている国はたくさんある。
<中略>
これらの国には、ひとつの大きな共通点がある。個人にどれだけ多様な生き方が保証されているか、つまり社会がどれだけ「寛容」であるかだ。

同性結婚を認めている国では、ほぼ例外なく、男女の平等が世界でもっとも進んでいる。<男>とか<女>というカテゴリーではなく、「本人の意思」が優先され、尊重される社会なのである。それは「結果の平等」ではなく、「機会の平等」を保証しようとする動きにも重なる。

日本では、同性結婚など話題にも上がらない。それどころか、結婚していない親から生まれた子供(非嫡出子)の権利が、法的に差別をされている。また男女の平等を評価する「男女平等指数」では、日本は135ヵ国中98位で、一夫多妻を認めているイスラム教国と肩を並べている。ちなみに多くのイスラム教国では、同性愛者は死刑の対象となっている。そして日本の幸福度は、先進国で最低レベルだ。(参照:『幸福途上国ニッポン』目崎雅昭著)
と述べ、マイノリティに対する寛容度の低い日本の問題点を指摘しています。

現在、日本では民法の改正が必要であるほか、憲法第24条における「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。」という条文が、事実上同性婚を否定している、とする意見もあり、同性婚を行うことはできません。(性同一性障害の場合、戸籍で性別の変更を行ったのちに婚姻を行うことは可能。)

また、夫婦別姓をめぐる議論に代表されるように、婚姻が伝統的にイエ制度と密接に結びついてきた日本では、同性愛や同性婚が馴染みにくい傾向にもあるようです。

米国のように、同性婚を認めるかどうかは海外でも議論が別れていますが、あなたは日本でも同性婚を認めるべきだと思いますか?

■関連リンク
同性結婚 - Wikipedia
日本で同性婚が認められないのはなぜですか? 人権侵害にはならないのですか? - Yahoo!知恵袋
同性結婚について考える

コメント一覧

意見(コメント)の投稿について

livedoor ID で
アカウント認証を行っているユーザーのみなさまへ

ガイドラインの変更にともない、意見(コメント欄)への書き込みには facebook ID または twitter ID での認証が必須となりました。以下のボタンより認証するIDを選択して、追加認証を行ってください。

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。