『ニコ生×BLOGOS』第20回 アベノミクスで「雇用」はどうなる

放送

更新:2013年06月03日 16:05

円安、株価上昇と絶好調の「アベノミクス」
このまま安倍政権が続くとどんな社会になり、雇用環境はどう変化するのか。
雇用のカリスマ・海老原嗣生氏と、労働経済学のスペシャリスト・日本大学の安藤至大准教授をゲストに参院選の争点のひとつ「雇用問題」について論じました。

・円安、株高の日本経済、雇用への好影響は出始めているのか
・安倍政権の掲げる成長戦略「女性の活躍促進」「育休3年」は本当に可能なのか
・成熟産業から成長産業への「失業なき円滑な労働移動」は絵に描いた餅か
・このまま政権が続くメリットとデメリットは

BLOGOSに寄せられた多くの識者のエントリーや、ユーザーの皆さんからのコメントを元に、
アベノミクスが雇用に及ぼす影響について、徹底討論いたしました。

関連情報

BLOGOS「雇用・労働」関連記事一覧

出演者プロフィ-ル

海老原嗣生 (えびはら つぐお)
1964年生。株式会社ニッチモ代表取締役。「Works 」(リクルートワークス研究所)元編集長、「HRmics 」(リクルートエージェント)編集長。21世紀政策研究所 コア研究員。広島県雇用対策顧問、京都精華大学講師を務める。
株式会社ニッチモ


安藤至大(あんどう むねとも)
1976年東京生まれ。日本大学大学院総合科学研究科准教授。04年東京大学博士(経済学)。政策研究大学院大学助教授等を経て05年より現職。専門は契約理論、労働経済学、法と経済学。著書に『脱格差社会と雇用法制―法と経済学で考える』(日本評論社、2006年)、『雇用社会の法と経済』(有斐閣、2008年)(いずれも共著)など。
Twitter:@munetomoando


須田慎一郎(すだ しんいちろう)
経済ジャーナリスト。1961年生まれ。東京都出身。
日本大学経済学部卒。経済紙の記者を経て、フリー・ジャーナリストに。「夕刊フジ」「週刊ポスト」「週刊新潮」などで執筆活動を続けるかたわら、テレビ朝日「ワイドスクランブル」、「サンデーフロントライン」、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、ニッポン放送「あさラジ」他、テレビ、ラジオの報道番組等で活躍中。 また、内閣府、多重債務者対策本部有識者会議委員を務める(現職)など、政界、官界、財界での豊富な人脈を基に、数々のスクープを連発している。
須田慎一郎の政経コンフィデンシャルブログ


山本郁(やまもと かおる)
フリーアナウンサー。
元新潟テレビ21アナウンサー。

『テイスト・オブ・ジャズ』ナビゲーター(ラジオNIKKEI)
『マーケットトレンド』キャスター(ラジオNIKKEI)
『サタデーリクエスト~水色のジュークボックス』DJ(FMえどがわ)など
山本かおるの今日もいい天気


大谷広太(おおたに こうた)
提言型ニュースサイト『BLOGOS』編集長。1981年生まれ。2005年、株式会社ライブドア(現・LINE株式会社)入社。ポータルサイト『livedoor』、『livedoor ニュース』など、ウェブメディアの運営に携わる。2009年の『BLOGOS』立ち上げを経て現職。
Twitter:@koutaotani




ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。