ニコ生×BLOGOS特別編 飯田泰之×常見陽平×海老原嗣生 「就活の"真実"」~マスコミ報道と通説を徹底検証~

放送

更新:2012年08月22日 12:01

テキスト版はコチラ→学生は自分の”キャラクターにあった企業”を探せ!「ニコ生×BLOGOS特別編~就活の真実~」


”就活”の本当の問題点とは、一体何なのか?


大手企業の動きが一段落し、中小企業の採用活動が本格化する夏に向けて、大学生の就職活動は佳境を迎えます。

現在、新卒者とともに第二新卒の採用も厳しい状況が続いており、就職活動の失敗を苦にして自殺する10~20歳代の若者の増加も 懸念されています。

また、政府の推計によると、大学や専門学校への進学者のうち、 正社員など安定した仕事に就いている人の割合は48%にとどまるなど、 内定が出たからといって安心できない状況にあります。 一体、就職活動、企業の採用活動の現場では、何が起こっているのでしょうか。

そこで、今回のニコ生×BLOGOS特別編では、 エコノミストの飯田泰之氏を司会に迎え、ゲストとして 雇用問題のスペシャリストである常見陽平氏、海老原嗣生氏に ご登場いただきます。三者がメディアで語られることのない、 「就活の"真実"」を語りつくします。

・大卒の求人は減っている?
・大卒一括採用が若者を苦しめている?
・グローバル人材は本当に必要とされている?……など

出演者プロフィール

飯田泰之(いいだ やすゆき):1975年東京生。エコノミスト。東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士課程単位取得中退。2007年より知の交流スペース、シノドスの運営に参加。現在、駒澤大学経済学部准教授、株式会社シノドスマネジング・ディレクター、財務省財務総合政策研究所上席客員研究員。専門は経済政策、マクロ経済学。著書に『経済学思考の技術 ― 論理・経済理論・データを使って考える』(ダイヤモンド社)、『世界一シンプルな経済入門 経済は損得で理解しろ! 日頃の疑問からデフレまで』(エンターブレイン)などがある。







常見陽平(つねみようへい):著述家、株式会社クオリティ・オブ・ライフフェロー、HR総合調査研究所客員研究員。1974年宮城県生。株式会社リクルートで、「とらばーゆ」編集部などに在籍。2005年に玩具メーカーに転じ、2009年に株式会社クオリティ・オブ・ライフに参加。2012年に退社し、フェロー就任。また、HR総合調査研究所 客員研究員に就任。一橋大学大学院社会学研究科修士1年にひっそりと在籍中。執筆・講演の専門分野は就活、転職、キャリア論、若手人材の育成、若者論、サラリーマン論、社畜論、ノマドワーク、仕事術など。就活、キャリアに関する著書多数。





海老原嗣生(えびはら つぐお)1964年生。株式会社ニッチモ代表取締役。「Works 」(リクルートワークス研究所)元編集長、「HRmics 」(リクルートエージェント)編集長。内閣府若年雇用対策チーム、広島県雇用対策顧問、21世紀研究所研究員、京都精華大学講師を務める。
株式会社ニッチモ







ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。