オリンパス前CEOマイケル・ウッドフォード氏記者会見

放送

更新:2011年12月29日 21:11

会見を行うウッドフォード氏。 写真一覧


現在来日中のマイケル・ウッドフォード氏、警視庁や東京地検、証券取引等監視委員会の担当者らと面会、そしてついにオリンパスの取締役会に出席しました。
Michael Woodford, Olympus Ex-CEO
In mid-October Michael Woodford was ousted as the president Olympus -- a position he held for only six months -- and told to "catch a bus to the airport." The company said his Western management style didn't fit in. But Mr Woodford immediately disclosed to the media more than $1 billion in suspicious deals over the past few years that he had challenged the company to explain (and which is the more likely reason for his sacking).

After weeks of denials by Olympus -- and near silence by the major Japanese media and public authorities -- Olympus admitted the deals were used to hide securities losses dating back to the 1990s. But a myriad of questions remain unanswered.

Who got the money and why? Were there other dubious deals? Are only three Olympus people involved, as the company claims? Why do those three men remain on the board of directors? Are they being "protected" by Japanese officialdom, considering the system arrests internet entrepreneurs for far less.

And to what degree are the Yakuza involved? Or Nomura, whose former bankers helped orchestrate some transactions? What sanction should befall the Japanese auditors KPMG and Ernst & Young, who approved the accounts even though their British subsidiaries refused to? Why was the major media initially so passive? Do other Japanese firms do the same thing.

Woodford is returning to Tokyo in late November to give evidence to Japanese investigators -- his first visit since he left the country six weeks ago, after being ousted. He says that he wants what's best for corporate Japan, believes in the fundamental strength of Olympus and is willing to return as CEO if shareholders ask him.

Please join us for an extraordinary opportunity to hear directly from the man who dared to stand up for what is right when it would have been easier to look the other way -- and paid with his job.

10月中旬、マイケル・ウッドフォード氏はオリンパスの就任して6ヶ月しか経っていない代表取締役社長の職を解任された。その際には"空港に行きたいならバスを拾え"とまで言われた。オリンパスはウッドフォード氏の欧米式の経営スタイルが会社に合わなかったと説明した。しかし、ウッドフォード氏は直ちに、自身が会社側に追求した過去に何年にわたり、行われた10億ドルを超える疑わしい取引をメディアに暴露した。

オリンパスが暴露された内容について否定し、日本の大手のメディアや出版社がこの問題について報道しない数週間後、オリンパスは指摘された取引が1990年代から損失隠しの為に行われていたことを認めた。しかし、未だに無数にある疑問には答えていない。

何故、そして誰が金を受け取ったのか。

他にも怪しい取引があったのか。

オリンパスという企業による犯罪には3人しか関与していなかったのか。

何故、事件に関与した3人が取締役会に残っているのか。

彼らは更なる損害を防ぐ為に国に守られているのか。

そして、どの程度ヤクザが関与しているのか。

野村證券を初めとする銀行家が不正な取引を画策したのか。

(中略)

何故、日本に大手メディアはこの疑惑について消極的なのか。

他の日本企業も同じことをしているのか。

ウッドフォード氏は東京に戻っており、日本の捜査当局に疑惑の取引についての証拠を提供する。今回の来日は6週間前に社長を解任されてから初めて。ウッドフォード氏は日本の株式会社にとって最善なを望み、オリンパスの底力を信じており、株主が要求すればCEOとしてオリンパスに戻りたいとしている。


関連記事


オリンパスの上場を維持させるべきか -- 企業価値を必要以上に損なわない形での制裁を -- 高橋正人-アゴラ
オリンパスの“飛ばし”はどういう仕掛けだったのか?-橘玲
公表すべき事件を怠ったオリンパス役員達の責任の追加(株主と会社) -阪口徳雄

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。