原田よしあきの記事一覧

「化学兵器」は使われたのか。シリア大使激白

中東シリアの情勢につき、駐日シリア大使と意見交換する機会を得た。現下のシリアは非常に複雑な様相にある。( 正直、私は何度聞いても、十分理解出来ていない。)   アサド政権はロシア、イラン、イスラム系シーア派などに支援を受けつつ、多くのテロ組織と戦いながら、国内最大の反政府勢力と戦っている。その反政府勢力は米国、西欧、トルコ、イスラム系スンニー派に近いといわれ、この紛争(内戦)は米欧対ロシアの...

2018年04月24日 10:07

遂に「証人喚問」、森友問題

衆参両院 予算委員会にて森友問題の「証人喚問」が行われた。証人は佐川宣寿 財務省元理財局長 (前国税庁長官)。元官僚として論旨明快、そつなく質疑に対応した。国有土地の価格 交渉への安倍首相、麻生...

2018年03月28日 09:12

〈森友事件〉には、どう考えるか

森友事件で連日騒がしい。あらゆる報道が掛かりっきりである。野党、マスメディアは政権、自民党が悪いと決めつける、政権、自民党はもっぱら防戦に回る。昨年初めからもう1年を超える。自民党議員として思うところ...

2018年03月23日 11:12

米国、「新核戦略方針」に見る危うさ

米トランプ政権が今後5~10 年の新たな核政策の指針となる「核戦略体制の見直し」(NPR)を公表した。その概要、 『核使用は核以外の戦略的攻撃を受けた場合も含む、核の先制不使用政策を否定、世界は...

2018年02月06日 08:43

「安倍首相はオリンピック開会式に行くべきでない」自民党外交部会

自民党外交関係合同部会。今朝(24日)の新聞(産経、読売)に安倍首相が平昌オリンピック開会式に出席するとの意向を表明されたのを受けて、出席議員全員から「反対、出席すべでない」との意見が出た。  ...

2018年01月26日 08:48

韓国 慰安婦問題「新方針」

[画像をブログで見る]   韓国は慰安婦問題「日韓合意」について、「破棄する」(再交渉する)ことは求めないが、「さらなる行動」を日本に求める、「10億円」は別途国の予算で...

2018年01月15日 09:54

沖縄の叫びと涙

自民党本部の安全保障調査会。我が国のこれからの安保政策が議論された。ほんの数日前、12月17日、宜野湾市で、米軍のヘリコプターから窓枠パーツだかが小学校校庭に落下した。乗員の不注意による。校庭には子供...

2017年12月20日 18:08

大相撲の危機

大相撲は決定的危機にある。今、大相撲は九州場所で我が福岡県人にとってはとりわけ縁が深い。30以上の相撲部屋の宿舎が県内あちこちに散らばっている。横綱、大関など有名力士も結構身近な存在となった。私なぞ場...

2017年11月26日 16:47

カナダの「南京事件問題」

[画像をブログで見る]  カナダの「南京事件問題」は、私が最も注意してきた問題で、政府にも再三警告を与えてきた。7月には単身、トロントにも行ってきた。今日の産経新聞には私を名入りで取り上げていた...

2017年11月07日 17:39

遂に、衆議院解散、総選挙

[画像をブログで見る]遂に、衆議院解散、総選挙身の引き締まる思いで、大ニュースを受けました。来月10月22日か29日の投票が事実上決まりました。一瞬強い緊張感が体を貫き、続いて極めて具体的な課題と懸念...

2017年09月19日 21:42

司法試験と「予備試験組」

法曹(弁護士など)になるには司法試験の合格が必要で、この試験は今でも最難関のひとつといわれます。日本の司法制度が大きく変わったのは2000年から5、6年かけて行われた司法制度改革で、裁判員制度の導入、...

2017年09月17日 19:41

「米朝対話」を急げ。日本も協力せよ。

9月3日、北朝鮮が6回目の核実験を強行し、規模としては過去最大で、広島原爆の10倍、水爆の可能性もあったという。米国を始め日本、韓国は完全に態度を硬化、強硬策をさらに追加、11日にも国連安保理は新たな...

2017年09月13日 14:00

「米朝対話」を急げ。敢えて言う。

[画像をブログで見る]   北朝鮮がまたミサイルを発射した。北海道の上空を通りその沖合1200キロの海に落ちた。日本は政府も直ちに対応し、自治体もJアラートなどで応じた。...

2017年09月04日 09:04

核戦争を防ぐための「論理的帰結」〈世紀の暴論〉

[画像をブログで見る] ■ 北朝鮮を「核保有国」として事実上認める。 ■ 北朝鮮と政治折衝して外交関係を開く。 ■ 経済支援はしない。国際的経済制裁は...

2017年08月18日 09:58

河野新外務大臣、中国に直言

「河野太郎」新外相のデビューはフィリピンでのASEAN外相会議であった。南シナ海問題において、他国は黙っていたが、河野外相はひとり堂々と中国の不法な侵入を牽制した。引き続き、日中外相会談が持たれた時、...

2017年08月09日 15:02

トランプ大統領「中国に失望した」。(一方、中国は笑っているか。)

この人の率直さには、ほとほと感心する。その日その日の思いを毎晩ツイッターに書くのだから、彼の頭の中は手に取るように分かる。裏表がないから、正直と評価する人も多かろう。   しかし、彼はア...

2017年08月02日 09:28

韓国、慰安婦財団理事長、辞任「最終的な解決」はなったのか。

写真はカナダ・トロント市の「慰安婦像」(原田撮) 一昨年暮れの「日韓合意」は慰安婦問題につき、『最終的かつ不可逆的に解決した』と合意した。これに基づき韓国は華々しく「和解、癒しの財団」とい...

2017年07月29日 17:12

「政治の安定」を目指す‐‐‐新派閥『志公会』結成

麻生派、山東派など政策集団が合併して新『志公会』を結成した。麻生太郎会長は「数を目指すのではない、保守本流の意識を持ち政治の安定こそ重要、如何なる経済政策も政治の安定、継続性、予測可能性なくして国民の...

2017年07月04日 10:11

徹夜国会、会期末には恒例に

いよいよ国会も会期末となりました。いつもの風景とはいえ、民進党ら野党が内閣不信任案を上程し、日付けが変わって深夜に記名採決、終わったのは2時30分。投票の与野党差は1対 3にも及ばず、本当なら採決する...

2017年06月16日 11:36

『表現の自由』につき国連関係者との討論

「国連特別報告者」と称してデービッド ・ケイ(David Kaye)なるアメリカ人学者が来日している。そのケイ氏を自民党の情報委員会に急遽招請し、対話集会を開いた。冒頭私から日本の主張を述べた上で議員...

2017年06月07日 12:12

トランプ大統領とFBI長官(その2)

昨年の大統領選挙以来、私は以下のことを言わんとしている。よその国の大統領選挙ではあるが、そこでの真実を伝え越しておくことは、いずれは日本の政治にとっても意味を持つとの信念で取り組んでいる。大統領選挙の...

2017年05月15日 09:47

トランプ大統領、FBI長官を解任

トランプ大統領がFBI(米連邦捜査局)のコミー長官をいきなり解任した。 この問題では、私が「日本で一番」詳しいかも知れない。多少の自負がある。  ...

2017年05月13日 13:30

安倍首相の勇気を讃える、憲法改正発言を支持する。

5月3日、憲法記念日に安倍首相が憲法改正について思い切った発言を行なった。「新憲法は2020年に施行する、第9条については概ね「加憲」とする。」 「加憲」とは第1項「戦争の放棄」及び第2...

2017年05月09日 08:53

北朝鮮問題(その2)「対中依存」に注意せよ

北朝鮮を抑え込むに中国の役割が大きい。北朝鮮対策には米国トランプ大統領が懸命に強硬策を繰り出すも決定的な解決は見つからない、結局中国が北朝鮮を抑止することに頼るしか方法はないのか。だからトランプ氏は中...

2017年05月05日 10:12

北朝鮮を抑えよ(その1)

北朝鮮の暴挙、核やミサイル開発に対する米国トランプ大統領の安全保障対策は評価する。さすがの金正恩もトランプの本気度を無視するわけにはいかなくなった、4月29日の中規模ミサイル実験(失敗)も意図的ではな...

2017年05月04日 00:00

米国、シリアを爆撃

米トランプ大統領は、アサド政権がサリンなど化学兵器を使用したという理由でシリアの軍事拠点をミサイル爆撃した。トランプ氏については大統領就任早々、無定見な言動が目立っていたが、今回の行動では一瞬大国の指...

2017年04月08日 09:57

駐韓大使が韓国に戻り、コケにされたこと

今年1月、日韓合意を守らない韓国に対して駐韓大使を「召喚」(一時帰国)していた。「大使召喚」とは外交的には「国交断絶」に連らなるくらい重たい国家意思であって、韓国の日韓合意違反がいかに重大なものかを示...

2017年04月07日 11:40

地元の街によって一人暮らし学生は投票できず、ほとんど地元にいない国会議員は投票できる制度を見直す必要

<16年参院選>不在者投票、学生1773人できずとの調査を毎日新聞が公開している。記事の冒頭にはこのように書いている選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた昨夏の参院選で、進学先に転居後も住民票を移さず...

2017年03月14日 08:00

東シナ海問題で中国を「国際仲裁裁判所」に提訴せよ

自民党本部での外交経済関係会議。東シナ海で違法なガス資源開発を続ける中国を「国際仲裁裁判所」(オランダ ・ハーグ)に訴えるべきであるとの決議を採択した。この決議は今後外務省や総理官邸に提出し、政府とし...

2017年03月10日 09:18

「独占禁止法」の運用について、(責任者として)

『独占禁止法』(略して『独禁法』)とは大変いかめしい、怖そうな名前ですが、企業、産業は基本的に「健全な自由競争」が保障されなければなりません。そこにこそ経済社会の発展がある、それを守り抜くための最も基...

2017年03月05日 12:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。