常見陽平の記事一覧

ネットニュースとタイトル問題 そしてバッシング、パッシング、ナッシング

新しい服、ゲットだぜ。今回もISSEY MIYAKE。お上品なジャケット。ネットの時代は素晴らしい。このような、著者のカワイイ顔を無料で拝むことができるからだ。それはそうと、昨日、初めて現代ビジネスに寄稿した。「働き方改革」に騙されるな! 残業は「合理的」だからなくならない http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51568 おかげ様でよく読まれたようで。手...

2017年04月26日 08:11

社畜とは、正面玄関よりも通用口を思い出す人のことである

家内が、懐妊祝いで友人たちとランチ会だというので、一人の週末だった。人前に出る用の春夏物が欲しくなり、GINZA SIXを見てみたくなり、銀座へ。都営浅草線の快速に乗ることができたので、あっという間に...

2017年04月23日 21:59

「がんばり迷子」にならないためにどうするのか問題

4月23日(日)の深夜1時より、TBSラジオ「文化系トークラジオLife」に出演する。「春の「がんばり迷子」相談室」 というテーマだ。うむ、実に秀逸なテーマ設定である。2017年4月23日part0(...

2017年04月22日 21:54

トランプとジャパニーズメタル LOUDNESS、入国できず全米ツアー中止

節操がないくらい様々なジャンルを聴くし、この春からはシンガーソングライターとしての活動も開始した私だけど、なんだかんだ言って好きなのはロックであり。特にメタルが好きだ。日本のメタルバンドを聴きはじめて...

2017年04月20日 10:17

山本幸三地方創生担当相の失言 学芸員disもそうだが「インバウンド」呼ばわりも問題だ

山本地方創生相の「学芸員はがん。一掃を」発言が波紋を呼んでいる。インバウンド:山本地方創生相「学芸員はがん。一掃を」 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20170...

2017年04月17日 00:18

ポテチ品切れ問題は、現代の米騒動になるか?

フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人 (朝日新書) [新書]速水健朗朝日新聞出版2013-12-13日本人が暴れる瞬間の法則のようなものがある。それは食に関わる問題が起こったときだ。米の価格急...

2017年04月15日 09:39

「いい仕事」とは何か? 電通 阿部広太郎さんと語り合って考えたこと

宣伝会議2017年5月号「社会が変われば、仕事も変わる! 超・コピーライター/第54回宣伝会議賞 グランプリ作品発表」 [雑誌]宣伝会議2017-04-01『宣伝会議』最新号に掲載された電通のコピーラ...

2017年04月12日 11:00

新日本プロレスよ、今こそ業界のトップ企業として安全第一の闘いを!

私は「プロレス者」である。ついつい言動がプロレス的になってしまう。家内のお腹の中にいる第一子にも、思わずプロレス口調で語りかけてしまうほどである。そんなプロレス者の私だが、苦言を呈さなければならないこ...

2017年04月10日 20:23

「43歳の地図」今、父になるということ

43歳になった。台北にて。千葉商科大学国際教養学部恒例の、入学式からの成田移動。新入生を連れて台湾にて3泊5日の研修(旅行じゃないんだぞ)。開設して3年。今年は過去最多の若者が門を叩いてきた。学生たち...

2017年04月04日 08:37

「働き方改革」時代だからこそ、自らムダを創り出す工夫も必要だ

『潮』と『宣伝会議』の最新号に登場。潮 2017年 05 月号 [雑誌] [雑誌]潮出版社2017-04-05前者は、「新出発を迎える人へ。」という企画で若者へのエールを。川淵三郎氏のすぐあとで恐縮・...

2017年04月03日 09:23

我が働き方革命 シンガーソングライターとしての活動を始めます

なぜ、残業はなくならないのか(祥伝社新書) [新書]常見 陽平祥伝社2017-04-01最新作、『なぜ、残業はなくならないのか』がリリースされた。「働き方改革」に対して、いやこの国に対して言いたいこと...

2017年04月01日 08:26

残業がなくならないのは、合理的だからだ 今こそ身も蓋もない話をしよう

1年半ぶりの新作、『なぜ、残業はなくならないのか』が本日から書店に並ぶ。著者デビュー10周年、次大学を卒業し、社会人になって20年。このタイミングでこの本を出すことができて嬉しい。会社員から大学教員に...

2017年03月31日 08:43

数字から新規事業を考えてはいけない『新規事業ワークブック』

新規事業インキュベータの石川明さんから最新作『新規事業ワークブック』(総合法令出版)を頂いた。石川さんとはこれまで、下北沢B&Bで何度も公開対談をしている。お陰様で好評で、毎回、SOLD OU...

2017年03月29日 18:12

「働き方改革に物申す」院内集会にかける想い

時は、きた。いよいよ本日は「働き方改革に物申す」院内集会だ。すでに80名を超える方からお申込みを頂いている。会場のキャパは約100名。ふらりとやってくる国会議員や秘書の方、さらに我々の関係者もいるので...

2017年03月28日 08:06

森友学園問題で考えたファクスの破壊力

それにしても、ファクスである。「若者のファクス離れ」は、まったく問題にも話題にもなっていない。彼らは「離れ」るどころか、交わってすらいない。ファクスは新語に近いことだろう。Fワードと、性交を意味する言...

2017年03月27日 07:37

『電通と博報堂は何をしているのか』

中川淳一郎の最新作『電通と博報堂は何をしているのか』(星海社新書)を読んだ。電通過労自死事件で大手広告代理店が注目されている今日このごろ。元社員であり、現在も仕事で広告業界との接点がある者の渾身のレポ...

2017年03月26日 11:11

『ねほりんぱほりん』シーズン2への期待と不安

Eテレの人気番組『ねほりんぱほりん』がいったん終了した。「いったん」と書いたのは、シーズン2が始まる件が、最終回で予告され。今、はやりのシーズン制というわけか。いや、毎週楽しみにしていた番組だけに、続...

2017年03月23日 00:03

頸髄負傷で欠場中の「こけし」本間朋晃選手の「熱きメッセージ」を美談化してはいけない

新日本プロレスの「こけし」こと本間朋晃選手が大変なことになっている。3月3日の沖縄大会で、邪道選手の技を受け、中心性頸髄(けいずい)損傷の重傷を負ったのだった。現在も病院で療養中だという。首より下が麻...

2017年03月20日 23:42

社会と会社で気持ち良く生きるための「ラピュタ力」のすすめ

最近、茶髪度がアップしており。かなり賛否を呼んでいる。妻からは評判が悪い。なんというか、元ヤンキーのようで、無理して若作りしている風で痛いという評価を頂いている。週末、参加した名古屋時代の友人の結婚披...

2017年03月20日 00:52

幸せな人生とは、幸せそうな人を見る瞬間の多い人生である

思うに、個人的には「スゴイ人」というか「賢い人」というか「声が大きい人」を見るのはカタルシスになるのだけど、個人的には「幸せそうな人」を見る瞬間が多い人生が、豊かな人生だと思う。それは人の幸せに対して...

2017年03月17日 08:59

働き方改革に物申す 院内集会を開催します

春が近づいてきた。キャンパス内の桜は、見事に咲いている。卒業式までもってもらいたいものだが。さて、日本の労働者には春はやってくるのだろうか。2016年8月3日に発足した第3次安倍政権第2次改造内閣は自...

2017年03月15日 12:36

『1984年の歌謡曲』そうか、あれは「シティポップ」だったのか

日常的に音楽を聴いている。まさに”NO,MUSIC,NO LIFE.”だ。そうなのだけど、やたらと音楽を聴いているなと感じる年はある。いや、いつもかかっているものだし、1日は24時間だからそれ以上聴け...

2017年03月12日 22:11

クロ現ってそんなにすごかったのか?

話題になっていたので、ついカーっとなって『キャスターという仕事』(国谷裕子 岩波新書)を読んだ。今では後悔している。不思議な本だ。別にみんなの評価と逆のことを言って目立とうとしているわけではないのだが...

2017年03月11日 09:13

フレッシャーズ広告は、ちゃんと感動させないとダサい

意識高い系ウォッチャーとしては、12月〜4月はたまらないシーズンである。年末年始、成人式、入試、就活解禁(とっくに始まっているが)、卒業式、入学式、入社式、新しい期と、何か若者にメッセージを伝えたがる...

2017年03月08日 09:00

賢い奴は何故、面白くない奴になってしまうのか?

一橋大学イノベーション研究センター教授である米倉誠一郎先生の最終講義にお邪魔してきた。大学卒業から20年経つ今年、先生の最終講義の情報がTLに流れてきて、奇跡的にこの日が空いていて、運命のようなものを...

2017年03月03日 08:25

就活解禁か、本格化か、プレエントリー開始か 

3月1日だった。経団連の「採用選考に関する指針」で言うところの、広報活動スタート時期である。とはいえ、メディアでの取り上げ方は、おとなしめの印象だ。全国紙のこの日の朝刊では、就活ネタをまったく書いてい...

2017年03月02日 07:26

プレミアムフライデー(笑)にみる「働き方改革」的なものの矛盾 生温かく、激しく傍観しよう

プレミアムフライデーが始まった。月末の最後の金曜日を15時退社などとし、早めに仕事を終え、休んで頂いたり、消費してもらおうという取り組みである。働き方を変える取り組みでもあり、消費の活性化策でもある。...

2017年02月25日 06:57

40男はなぜ、『すし太郎』の歌を口ずさんでしまうのか

週末、我が家では2ヶ月に1回くらいの頻度で絶大なる経済力で手巻き寿司を食べる。なんせ手軽で美味い。しかも、家族の交流も深まる。「マグロには納豆だよ」「鮭とイクラで親子巻とかどう?」なんてことを話しつつ...

2017年02月21日 09:21

全盛期とはいつなのか問題

OUTRAGEの30周年記念ツアーに行ってきた。結論から言うと、凄まじいライブだった。彼らのキャリアの中でもベストのライブの一つではないか。少なくともこの10年の中で最も優れたライブだった。いや、海外...

2017年02月20日 09:11

『1984年のUWF』時代はまわる

たしかに、アレはおかしかった。1989年8月13日、横浜アリーナで高田延彦と船木優治(現:誠勝)が対決した(YouTubeに動画が落ちている)。「真剣勝負」を謳い文句にしていた新生UWF(第二次UWF...

2017年02月17日 07:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。